おじさんは今夜も憂鬱

ロードバイクを購入してしまった五十路過ぎのおじさんの悩み尽きない日々!

スポンサーサイト

Posted by ayu

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉押し調整の憂鬱

正月休みも最後の1月3日、暇に飽かせてR500のハブメンテナンスに挑戦してみました。
何を隠そう、これまで自分でハブを分解したことがなかったのです。

先ず、13mmの薄型スパナで玉押しを固定しておいて、17mmのスパナでロックナットを外そうとしたのですが、アホみたいな力で締まっていて、ビクともしません。

170103b.jpg


反対側のロックナットで再チャレンジしたら、ようやく緩めることができました。
今回、13mmの薄型スパナは百均ショップで買ってきたものを使用したのですが、百均ショップの工具はサイズが小さくて力が入れづらいですね。

170103a.jpg


さて、ロックナットを外したらスペーサーを抜き、玉押しを外します。

170103c.jpg

170103d.jpg


これでハブ軸がスポッと抜けるので、球が顔を出します。

170103e.jpg


ん?想像していた状態と違い球がよく見えないんですが・・・

170103f.jpg


実は、Webでよく見る写真はシールを外した状態だったのですね。
しかし、シールの存在を知らなかったおじさんはこの状態で苦労して球を取り出しました。
ピンセットが無かったらちょっと手こずったでしょう。
片側10個の球が入っていました。

170103g.jpg


シールを外せばこんな感じです。
これを先に外しておけば、球を取り出すのも簡単だったのですね。
前回、ショップでオーバーホールしてもらってから約2年経ちますが、灰色っぽいグリスがまだしっかり残っていました。

170103h.jpg


反対側も同様に球とシールを外せば分解完了です。

170103i.jpg


球、玉受け、軸、シールをパーツクリーナーで綺麗にします。

170103j.jpg


う~ん、筋はついているものの傷は無いと思うのですが・・・
このまま組み立てましょう。

170103k.jpg


カップ部分にグリスを塗りたくり球を戻します。
買ったときには「一生使い切れないだろうな」と思ったデュラエースグリスですが、自分でハブメンテすれば、結構使うかもしれないですね。
170103l.jpg

170103m.jpg


グリスを塗ったシールで蓋をします。

170103n.jpg


玉押しにもグリスを塗り、軸を通して反対側の玉押しを仮締めします。

170103o.jpg

170103p.jpg

170103q.jpg


さあ、ここからが「締めすぎればゴリゴリと廻らず、緩すぎれば最悪壊れるかもしれない」と脅されている問題の玉押し調整です。

試行錯誤して分かったことは、玉押しを止まるまで指で締めるとガタつきは全く無くなるのですが、ホイールを廻すとゴリゴリと言う程ではないけれどざらつきが感じられ、そこからほんの少しだけ(ナットを回転する角度にして10°位?)玉押しを緩めると、ホイールは滑るように廻るようになるのですが、玉押しを緩めた分だけ(目視で0.2~0.3mm位?)ガタが出ます。

試しに、このガタは出るけど滑るように廻る状態で組み立ててみました。
この状態だとホイールは無茶苦茶廻ります。
具体的にはバルブ位置を真下にして手を離すだけで、ホイールが勝手にバランスがとれる位置までスィ~と廻ります。
使ったことがありませんが、高級なホイールだとこんな感じで廻るのですかねぇ。

170103s.jpg

170103t.jpg


しかし、いくら廻りが良くてもガタがあったらダメでしょう。
ガタがある状態で軸に負荷がかかったら、一発でコーン等に傷がつきそうです。

シマノのディーラーマニュアルにも、「.玉押しをガタがなくなるまでハブ軸に締付けます」とあるではありませんか。

というわけで、玉押しを指で軽く回して、止まった位置で締め付けることとします。
ホイールを廻すと少しだけざらつく感じはしますが、ぎりぎりガタは出ていません。

170103r.jpg


結局、苦労してハブメンテしたけど、ホイールが勝手に廻る程には滑らかなセッティングはできませんでした。



スポンサーサイト

謹賀新年

あけましておめでとうございます

今年も天気が良かったのでいつもの八草コースを走るついでに初日の出を拝んできました。
息子もついてきたので、図らずとも八草コースデビューとなりました。

170101a.jpg


しかし、ロードバイクに乗るのがまだ数回目の息子に煽られるとは、おじさんの体力は危機的状況です。
週末早朝のライドだけでは老化スピードに負けて体力維持すらできないのかなぁ(泣)



世代交代?

子どもがロードバイクを始めました。

夏頃から「買いたい」と言っていたのですが、アルバイトに精を出し、ようやく資金が貯まったようです。
欲しいバイクはウィリエールのエントリーアルミの“Montegrappa Team”。
学生が自分で買うのに相応しいモデルでしょう。

早速ニコーさんに行ったところ、欲しかった色でちょうど良いサイズの在庫があるじゃないですか。
もう買うしかないなw

161204a.jpg

ということで待つこと一週間、今日、納車されました。

さあ、走ろう。
しかし、子どもはロードバイクに乗るのも初めてなら、クリート式のペダルを使うのも初めてです。
安全で快適なコースということでモリコロパークのサイクリングコースに行きました。
昔は土日祝日はロードバイク禁止だったのですが、いつの間にか利用できるように変更されていたのですね。

161204c.jpg

最初はクリートをはめるのも一苦労していたのですが、幸いコケることもなく周回します。
数周しただけで太ももの筋肉が疲れたと騒いでいます。

そんなこんなで、無事、ロードバイク初体験を終え帰宅したのですが、子どもの部屋は3階です。
さすがに自分のバイクは自分の部屋に置けと言うこともできず、おじさんのバイクと一緒に置くこととなりました。

161204b.jpg


おじさんの部屋、もともと広くないのにさらに狭くなってしまったよ(泣)


RAPID 3 AUTOの憂鬱

最近使用しているテールライトはCATEYEのRAPID 3 AUTO [ラピッド3 オート]です。

161103a.jpg


オートライトにはこれまで散々期待を裏切られ、もう使わないと決めたはずなのに、それまで使用していた「ラピッド3」がご臨終を迎えたとき、丁度、新発売されたこともあり、ついフラフラっと購入してしまったのです。

何遍騙されても、またダメな男に騙される女みたいだなw

で、案の定、「もう少し、明るくなるまで点灯していてほしいなぁ」と感じるようになり、買い替えも考えたのですが、とりあえず明るくなっても消灯しないように、明るさセンサーを目隠しすることとしました。

------------------------------------------
まずは情報収集しようとインターネットを探したのですが、RAPID 3 AUTOの改造に関する情報が見つかりません。

ということで、これ以降、想像と思い込みで作業を進めますので、本記事に関する責任は一切負わないことを宣言しておきますw

RAPID 3 AUTOは明るさセンサーと振動センサーを搭載していますが、基盤とレンズが接着されているので、直接確認できません。

これが振動センサーなのかな?

161103b.jpg


で、こちらが明るさセンサーなのかな?

161204e.jpg


明るさセンサーを目隠しするためにレンズ下部に孔を開けます。

161103d.jpg


明るさセンサーが見えますね。

161103e.jpg


孔から黒色の薄いゴム板を入れ、明るさセンサーを覆います。

161103f.jpg


161103g.jpg


開けた孔はホットボンドで塞ぎます。

161103h.jpg


室内試験の結果、かなり周囲が明るくても振動を与えるとライトが点灯します。

161103i.jpg


これなら少しは安心して走れそうです。

週末にでもフィールドテストしてみましょう。


追記
フィールドテストの結果、昼間の屋外でも走っているときは点灯することを確認することができました。
満足満足。







GARMIN EDGE500の憂鬱

相変わらず週末の早朝はいつものコースを走っているが、7月以降、平均速度が突然落ちた。

ますます脚力が衰えてきたのかと思いGARMINのデータを確認したところ、走行ルートは正常にマッピングされているが、走行距離が本来の距離よりも5%~15%程度少ない。

平均速度はGARMINの中で計算(距離/時間)しているため、走行距離が短く誤認されたため、平均速度も落ちたと認識されたようだ。

それでは、そもそも走行距離を短く誤認した原因は何だ?
考えられる原因としては、センサーからの信号を時々ロストしたくらいしか思いつかない。
そこでセンサーの電池を交換したが、直らない。。

160811a.jpg


続いて、GARMIN本体をマスターリセットしたが、直らない。
ひょっとして、GARMIN本体の問題か?
最近、バッテリーの持ちも悪くなっていたからね。

ということで、GARMIN EDGE500のバッテリーを交換することとした。

----------------------------------------------------
(準備編)
何はともあれバッテリーを入手しなければ始まらない。
eBayで注文したところ約2,000円で手に入ったが、届くまでに3週間程かかった。
ん、ネーデルランド?
オランダから送られてきたのか?

160811b.jpg


工具は以下の3つが必要だ。
先ず、GARMIN本体ケースを留めている六角星型のネジ“トルクス”を回すためのトルクスドライバー。
今回、兼古製作所のアネックス(ANEX)ヘクスローブドライバーT型(T5×50)を購入した。

160811d.jpg

160811e.jpg

他には半田ごてと精密ドライバー(+)が必要だが、これらは手持ちのものを使用した。

----------------------------------------------------
(作業編)
先ずは、本体ケース裏面の四隅にあるトルクスネジを回してカバーを開ける。

160811f.jpg


パッキンを破損したり失さないように。

160811g.jpg


続いて液晶を慎重に持ち上げる。
上下に気を付け、基盤と液晶を繋ぐフィルム状配線材を破損しないように。

160811h.jpg


そして、基盤上の3箇所の+ネジを外す。

160811i.jpg


3箇所の+ネジを外せば、基盤を本体ケースから持ち上げることが出来る。
基盤を持ち上げると、バッテリーが見える。

160811j.jpg


バッテリーは両面テープで本体ケースに固定されているので、慎重に剥がす。
両面テープの粘着力は結構強いので、力任せにバッテリーを剥がすと、バッテリーから伸びるコードを引きちぎる羽目になる。

160811k.jpg


バッテリーからのコードは1セットが基盤上のコネクターに、もう1セットが本体ケースに固定されているスピーカー?に接続されている。
半田ごてで、スピーカー?に接続されているコードを外す。

160811l.jpg


基盤上のコネクターを外す。
コネクターの外し方が分かりづらいが、コードを持って上方(基盤から持ち上げる方向)に引っ張れば外れる。

160811n (2)

160811n (1)


これで、バッテリーが取り外せた。
あとは、この手順を逆に、新しいバッテリーを組み付けるだけだ。

注意点を一つだけ。
新しいバッテリーを組み付けた後、基盤や本体ケースのネジ留めをする前に動作確認した方が良い。
自分、最初は動かなくて焦ったが、コネクターを、再度、グイッと嵌めたら正常に動いた。

以上で、GARMIN EDGE500のバッテリー交換は完了。
一定レベルの手先の器用さがあれば、特段、難しい作業ではない。

----------------------------------------------------
さて、結果であるが、問題だった走行距離が短く誤認される症状は解消された。
なぜ、バッテリーが弱くなってくると本来の走行距離よりも短く誤認するのかは今一つ納得できていないが、とりあえず正常に動くようになった。

これでまた、新しいGARMINを購入する理由がなくなってしまった。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。