FC2ブログ

おじさんは今夜も憂鬱

ロードバイクを購入してしまった還暦過ぎたおじさんの悩み尽きない日々!

¥2,900でZwiftをはじめてみた

Posted by ayu on   0  0

ローラー台は4年前に買った(「ローラーの憂鬱(組立編)、同(実装編)」(2017/11/19-20))が、やはり単調で、ご多分に漏れず埃をかぶっていた

しかしこの冬、寒さに負けて全然走りに出かけなかったところ、体力減退のあまりの酷さに不安が増大し「せめてローラー台でも復活させなければ」と思い立ったのである

いまや、ヴァーチャルのサイクリングは”Zwift”であり、そこでは実際のペダリングに対応して画面の中のアバターが漕ぎ進んでいく、らしい

面白そうだね、と世間から一周以上遅れてZwiftにチャレンジすることとした
しかし、実走派を称する自分はひょっとするとZwiftでさえ飽きてしまうかもしれない

そこで、Zwiftを始めるにあたって「とりあえずなるべく安く」済ます方法をこころみたので、誰かの参考になればと紹介する

—————————————————————————
Zwiftの仕組みはローラー台の上で回転するホイールの情報(出力、速度、ケイデンス等)をZwiftに送信することで画面の中のアバターが漕ぎ進む

自分は既に
1. 自転車
2. ローラー台(Zwift対応ではない3本ローラー)
3. GARMIN Edge500 + スピード&ケイデンスセンサー(ハートレートセンサー)
4. PC(iMac (macOS Catalina 10.15.7))

を持っているので、あとはローラー台の上のペダリングデータをPCに読み込めれば、とりあえずZwiftが楽しめるはずだ

先ず、GARMIN Edge500のセンサーは”ANT+”なのでこの信号を受信してPCに読み込むため、「ANT+ USB ドングル」を購入した
このタイプの製品はGARMINからも販売されているが¥10,000程もするのでAllez(¥2,900)を選んだ

20210221 a


次に、Zwiftのアカウントを作成し、プログラムをダウンロード、インストールする

20210221 b


続いて、購入したANT+ USB ドングルをPCに挿し、GARMINを起動させる

20210221 c


そしてZwiftを起動して、センサーを接続させる

20210221 d


あとはもう、お試し期間(7日間)、Zwiftが楽しめるのだ

20210221 e


追伸
今回、気になったのがZwiftではなく、なんとGARMINに対してであった
自分の古いEdge500は衛星を補足するまでの時間が非常にかかり起動が遅いのである

自分は気が短くPCでもカメラでも電源を入れたら直ぐ動いて欲しいタイプなのである
実走の時は電源を入れた後、いろいろ準備もありそれほどには気にならなかったが、Zwiftではボーッと待っていることとなりこれが辛い

で、新しいGARMINが欲しくなってきたという、本末転倒だかなんだかわからない状況に陥っているおじさんでした



スポンサーサイト



立冬間近

Posted by ayu on   2  0

11月1日夜明け前、ハロウィンの満月が西の空に沈む

201101 a

気温は10℃を下回っているが風はない

夏と同じウエアで走り始めたが陽が出れば快適である

201101 b

しかし家に帰ってきたらなんとなく体調が優れない

そろそろ秋用のウエアにしなければまずいかも知れない









ピクミンLOVE

Posted by ayu on   0  0

先日、テレビを見ていたら「ピクミン 3 デラックス」が発売されるとCMが流れていた

201021 b

何を隠そう20年前、自分は子供たち達が楽しんでいた初代の「ピクミン」の面白さに夢中になってしまったのだ

はじめはクリアすることを目指して、その後はどれだけ早くクリアできるかを寝食を忘れて遊んだものである

今でも残してあるソフトのボロボロさを見て欲しいw

201021 c

メモリーのラベルまで印刷して楽しんでいたんだな

またピクミンで遊んでみたいなぁ

と思ったが、今度のピクミン3はNintendo Switchで登場する

となるとSwitchそのものを買わなくてはいけないが、なんでも品薄で入手困難らしい

ネットでは定価+10,000円位で買えるようだが転売ヤーにお金を払う気は毛頭ない

そこで情報を収集し入荷タイミングに合わせてヤマダ電機に出かけ無事にゲット

201021 a

早速体験版をダウンロードして遊ぶ

201021 d

うん、相変わらず面白い

100匹のピクミンをどの作業に何人ずつ割り振るか、これはもう子供のゲームじゃありません

完全にマネジメントのシミュレーションだ

残念ながら体験版はあっという間に終わってしまった

201021 e

製品版が出るのが待ちどうしい




一長一短 きちんと蓋が締まるツールボトルの話

Posted by ayu on   0  0

今朝(10/18)は昨夜からの雨も上がったのですが冷え込みましたね

日の出とともに走り出したのですが、真夏と同じウエアでだったので汗もかきませんでした(強度が低いからだろw)


--------------------------------------------------

これまで自分はピナレロのロゴ入りボトルを改造したツールボトルを使ってきたが(参照:2013/04/17 記事)さすがに7年も経ち古びてきた

201018 a

そこでリアル店舗に行く度に色々探していたのだが、先日「これは良い!」という製品に出会えたので紹介したい

蓋式のツールボトルで何が嫌かと言えば、蓋をギュッと閉めると最後にパッカンと緩んでしまうことだ

201017 c

色々な製品を試してきたが十中八九こうなる

材質が軟質プラスチック?であるのにもかかわらずネジ山の形状がなだらかなため、一定以上の力以上で蓋を回転させると空転してしまう

201017 b

蓋のネジ山が本体のネジ山の上を飛び越えてしまうのだろう

ところが先日偶然手にしたツールボトルは蓋を最後までギュッと締めてもパッカンとならずしっかりと閉めることができたのだ

201017 d

これは良い!

早速購入してじっくり観察したところネジ山の形状が上下対象ではなく下側が鋭角になつていることが分かった

201017 e

凄い!

だからしっかりと閉めることができたのだ

どこの製品か表示がなかったがロゴから調べたところ「BBBのツールボトル(新デザイン)」のようである

個人的には蓋式のツールボトルでこれ程考えて造られている製品には初めて出会ったが、この製品を紹介しているブログ等をほとんど見かけないのが残念である


・・・閑話休題

「一長」は分かったが「一短」は何か?

実はこのツールボトルは蓋の裏側にミッシングリンクなどの小物を収納するための内蓋が付属しているのだ

201017 f

201017 g

これはこれでアリとは思うが実際に使用すると少し残念なことになるのだ

自分がツールボトルに入れているのは「ミニポンプ」と「インフレーター」と「タイヤレバー」と「チューブ」等であるが、これらの長さがツールボトルの深さにピッタリなのだ

201017 h

おそらくそうデザインされているのだろうね

しかし、だからこそ蓋の裏側に内蓋を付けた状態では蓋が閉まらないのだ

という訳で「ミッシングリンク」と「タイヤパッチ」は本体の中に入れて、内蓋はせっかく付属してきたが取り付けずに使用することとした

「一短」はあるが、まあ付属品の話だし、自分としてはツールボトルの機能として一番重要な ”蓋がしっかり締まる” という「一長」に敬意を表し、当分これを使うこととした



一日遅れの体育の日(古w)

Posted by ayu on   0  0

10月10日はおじさんたち?にとって”体育の日”であり運動会の日でした。

ところが2000年からは体育の日は「10月の第2月曜日」となり、2020年からは「スポーツの日」という新しい名前に変更となり、さらに2020年はオリンピックにあわせて7月24日に移動してしまいました。

それでもおじさんにとっては10月10日は体育の日、という刷り込みがされているせいか、1日遅れですが、今朝(10/11)はスッキリ目覚め「さあ、走り出そう」という気力が湧き出てきました。

台風一過の早朝、気持ちいいです。

201011 a

路面は昨日の雨で洗われており、落ち葉などもなく非常に良いコンデションです。

そんなこんなで快調に飛ばしていたのですが(自分比)、やはり運動不足か、走っている最中に筋肉痛?という珍しい現象が起きました。

まあ、走っている間になんとか治ったのですがこれを機に早朝ライドの習慣を復活させたいものです。


このカテゴリーに該当する記事はありません。