おじさんは今夜も憂鬱

ロードバイクを購入してしまった五十路過ぎのおじさんの悩み尽きない日々!

スポンサーサイト

Posted by ayu

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男女6人岩屋堂物語

皆さん、おはようございます。昨日は、春日井げんき倶楽部のイベント“ツール・ド・春日井(周辺)”に参加させていただきました。つい先日まで“お一人様”だった自分と一緒に走って頂ける方がひとり二人と増え、今日は何と6人でサイクリングです。いろいろ勉強になりとても楽しいひとときを過ごせましたので、その報告です。

朝、5:20に名古屋の徳川園でモリゾーさんと待ち合わせ。ここからモリゾーさんがマネージャーを務める春日井のメディカルフィットネスクラブ鳥居まで早朝の国道19号を走ります。いつも走る広小路通りと違い路側帯がほとんど無いのでちょっと怖いです。この道を自転通勤しているモリゾーさん凄いです。

120729f.jpg

さて、集合場所のメディカルフィットネスクラブ鳥居に到着です。クラブの会員?のお二方は既にお待ち頂いていました。その後、tomorocchiさんとクラブのインストラクターさんも到着し本日のメンバー6人が揃いました。クラブの会員?のお二方とインストラクターさんは今日初めてお会いします。

120729a.jpg

記念撮影を済ませて出発です。先ずは高蔵寺に向けて県道205号を東進。生意気にもしんがりを務めさせて頂きます。

120729b.jpg

前を走っているのはインストラクターさん。えっ!ずっとアウタートップで走ってるんですか?目が点になり信号待ちのときお話しさせて頂いたところ、水泳を教えていらっしゃるそうですがロードバイクは今日が初めてで、機材も一式、借りてきたそうです。それにしても・・・、自分だったら走れといわれてもアウタートップじゃ走れません。分野は違えどもさすがアスリートは違いますね。

さて、庄内川を渡り国道155号を東谷山の裾野をぐるっと回り瀬戸市街に出ます。ここから先は雨沢峠ルートと同じですが、今日の目的地は手前で右折した先の岩屋堂公園です。ここは庄内川の支流水野川の上流で、連日の猛暑のせいでしょう、まだ朝8:00ですが、既に家族連れがせせらぎで涼を求めています。同行の皆さんも足湯ならぬ足水で疲労回復です。

120729c.jpg

岩屋堂も見学し、暑くなる前に退散します。

120729d.jpg

帰りは自分の朝練コースの復路の瀬戸川〜矢田川の堤防道路なので、またまた生意気にも今度は先頭を務めます。瀬戸市街から下り基調の自分が早くなった気がするルートです。皆さん楽しんで貰えたかな?ただ、自分にはまだ先頭を引く技量が備わっていないものだから、6人が一緒に走るとなると信号などで引っかかったりしてけっこうバラけてしまいました。反省反省。

それでも堤防道路を快走するうちに千代田橋に到着です。皆さんは春日井まで戻られるので、ここでお別れの挨拶をして失礼させて頂きました。

120729e.jpg

走行距離的には少な目かもしれませんが、この季節、老若男女混成6人でのサイクリングとしてはむしろこれで正解でしょう。とても楽しかったです。皆さんありがとうございました。またご一緒させて下さいね。

120729g.jpg


ランキングに参加しています。クリックして頂けたら嬉しいです。 


にほんブログ村

スポンサーサイト

“足をためる”ということ

皆さん、おはようございます。今日は、春日井げんき倶楽部のイベント「ツール・ド・春日井(周辺)」に参加させて頂きます。この模様は後日報告しますが、集合まで少し時間があるので、今日は“足をためる”ということについて昨日の体験をメモしてみます。

・・・

自転車の世界では、“足が売り切れる”とか“足をためる”って言いますよね。この“足が売り切れる”はよく分かります。坂道を上った後、もう、全然、足がいうことをきかなくて、いつもより2枚も3枚も軽いギアにしないと走れない状態ですよね。先日、猿投山に登った後、この状態になりました。

で、もう一方の“足を貯める”、これが今まで実感できなかったんですね。要は“足を疲労させない”走りをするとか、走りながら“足を回復させる”ということなんでしょうが、自分はこの歳になるまでまともにスポーツをしたことがなかったのでこの感覚が分からなかったのです。正直「貯金じゃあるまいし、ためたり引き出したりできるモノなのか?」と思っていました。

昨日、八草コースの朝練は2週間ぶりだったこととクリート位置を調整しながらだったことで、いつもよりゆっくり目で走っていたのですが、モリコロパーク前の坂に差し掛かったとき、前方に自分よりペースの遅そうなローディーを発見したのです。

このローディーはおそらくロングライドの途中であり、あえてペースを落としていただけでしょう。それでも1年以上このコースを走っていて、初めてこの登り坂で他人を抜けるかもっ!と思ってしまい、気がついたときには、いつもより重いギアでいつもよりクルクル回していました。

坂の半ばで追いつき、「おはようございま~す」とさりげなく挨拶しつつ抜かしたのですが、そこから先は「これで後半、追い抜き返されたら相当恥ずかしいぞ」と、ほとんどひとり勝手にヒルクライム状態です。結局、豊田市境までいつもより快調に登り切ることができました。
なぜ、昨日はいつもより快調に上れたのでしょうか?

仮想の競争相手があったのでいつもより快調に上れたのかな?とも思えますが、おそらくは、今日はここまでゆっくり目で走ってきたため、このモリコロパーク前の坂を快調に上れたのだと思います。

これが“足をためる”ということなんだ、と納得できた瞬間でした。ほんとに貯金みたいなモノなんですね。うん、自転車はなかなか面白い。


ランキングに参加しています。クリックして頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村

灼熱の季節が始まった

皆さん、おはようございます。昨日、仕事で岐阜県多治見市に立ち寄ったのですが、あまりの暑さに体調がおかしくなりました。ニュースによると最高気温38.5℃を記録したそうです。ただでさえ暑さに弱い自分が活動できる温度領域じゃありません。

しかし、この週末は全国的に晴天ですからこの暑さの中を走っている方も多いのでしょう。自分は今の季節、基本的に早朝しか走れません。今朝も走ってきましたが、7時を過ぎた頃から太陽が暴力的なまでに襲いかかってきました。この季節、これから出かける皆さんの基礎体力は自分と違い強靱であるとは思いますが、どうぞ体調にも十分注意して楽しんで下さい。

・・・

さて、明日の日曜日はモリゾーさんに誘われ、春日井げんき倶楽部のイベント「ツール・ド・春日井(周辺)」に参加させて頂くこととなっているのですが、先週、交換したクリートが、仕事と雨に祟られたため未だ調整ができていません。そこで、今日、いつものように日の出と共に八草コースを走りながら調整してきました。

クリート位置についてはいろいろセオリーがあるようですが、自分はつま先がまっすぐになっている感じにします。こうするとペダリングしていて足首から先が気にならないのです。誰でも同じかな。

具体的には、足がペダルの上でできるだけ前に出るようにした上で、踵がチェーンステーに触るギリギリにセットするとしっくりきます。ちょっと我流に過ぎる気もしますが、まあ、走ってみて違和感のない位置にセットできたので、とりあえず今回はこれで良しとしましょう。


ランキングに参加しています。クリックして頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村

たった20回でクリート交換

皆さん、おはようございます。朝の2〜3時間だけ雨、という昨日の天気に怒り心頭な週末早朝限定のおじさんです。

さて、突然ですが、クリート(シマノSPD-SL)はどの位保つものでしょうか?クリートカバーとやらを装着して歩けば保護できることは知っていますが、自分は生来、アバウトな性格なので歩くときはクリートのままカチャカチャと歩き回っていました。その結果、自転車に乗り始めてたかだか20回程度にしかならないのに、ふと見るとクリートの黄色いの(なんていう名前だろ?)が無いではありませんか。

120722d.jpg

右脚の拇指球側だけありません。なんで?五月の連休に戸越峠でリアディレイラーを壊して自転車を引いて数km歩いたときに限界まですり減ったのかな。「ここがすり減って無くなりかけたらクリートを交換して下さい」と言われていましたが、すり減るどころか無くなってるじゃないですか。しょうがないので買ってきました。2000円です。まあ、外国製のクリートに比べたら許せる値段でしょう。

120722b.jpg

以前、クリート一の調整にとても難儀した記憶があるので、古いクリートを外す前に靴底をじっと見つめて取り付け位置を頭にたたき込み、ほぼ再現したつもりです。

120722c.jpg

実際には、週末、走って微調整しないといけないでしょう。
ところで、以前のクリートを固定していた座金とネジ、これはすり減ってもいませんがどうしましょう。「要らない!」と捨ててしまっても不都合はないのでしょうが、貧乏性のおじさんはきれいに洗ってしまってあります。

120722e.jpg

ランキングに参加しています。クリックして頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村

「おったて棒」を作ってみたよ

皆さん、おはようございます。今日もいつもの八草コースを朝練に出かけようと家を出たら霧雨が降っています。もう、梅雨は明けたのじゃないのですか?雨が止まないかしばらく様子を見るためいったん家に戻ってきたので、その間、昨夜の夏休みの工作について紹介させて頂きます。

自分は自転車に乗り始めるまでは少々カメラに熱を入れてました。2年毎にモデルチェンジする一眼レフのデジカメをその都度買い換え、大三元と呼ばれるF2.8の広角、標準、望遠のレンズを揃えていました。う~ん、やめときゃDOGMA 2だって買えてたなぁ。

自転車に乗り始めた今、さすがにかさばるので持ち歩くのはコンパクトカメラですが、せめてできるだけ良い構図で撮りたいなと思います。しかし、大きな制限があります。それはロードバイクにはスタンドがないことです。このため、写真の中にロードバイクを写し込みたければ地面に寝かすか、何かに立てかけなければなりません。地面に寝かせるのは、特別の場合を除いて美しくなく、一方、立てかけるためのガードレールなどが写ってしまうと背景がゴチャついてしまいます。

先日、雑誌を読んでいたら、雑誌の写真撮影では「おったて棒」というものを使っていることが分かりました。「おったて棒」とは透明のアクリルの棒で、どうやらこれをリアホイールの中心と地面とに突っ張り、ロードバイクを自立させて写真を撮っているようです。

自分はちょうど良い小枝が落ちているときこれをクランクの中心と地面とに突っ張って自立させたことはありますが、いつもいつも都合良く小枝は見つかりませんし、意外に、小枝が目立ってしまうのです。そこで、この「おったて棒」なるものを自作してみました。

材料は、φ10mm程度の透明アクリル棒とクッションゴムとビニールテープです。全部で600円程で揃いました。

120721aa.jpg

透明アクリル棒をクランク中心から地面までの長さより少し長めに切り、片端を熱して曲げます。曲げた端にはクランク中心の穴にちょうど収まるようにビニールテープを巻いて太くします。もう一方の地面に接する端には滑り止めのためゴムを取り付けます。ものの30分で完成です。

120721b.jpg

取り付けてみましょう。見事に自立しますね。

120721c.jpg

わずか数gですし、ジャージのポケットに入れておけば邪魔にもなりません。これで、愛車をガードレールやポールなどに立てかけなくても自立させて、背景が海や青空だけのスッキリした写真が撮れそうです。なんて夏休みの工作をしているのも良いですが、そもそも良いロケーションの場所まで走らなきゃ話になりませんね。さて、もうすぐ夏休み。どこに行きましょうか。


ランキングに参加しています。クリックして頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村

ノーパンは思考停止の産物か?

皆さん、おはようございます。今の季節、たとえ早朝でも少し走っただけで汗ビショになりますね。そんな今日この頃、インナーについて、ちょっと疑問があるのでお尋ねします。

先ずは上半身。自分は昨年クロスバイクに乗っていたのですが、素肌に直にジャージを着てました。それで何の問題もなかったのですが、何かで発汗やクールダウンを考えたとき吸湿速乾性の高いスポーツインナーを着た方が良いと聞きました。そこで今年はこのクソ暑い中、ジャージの下にインナーを着ているのですが、やたら暑いです。気のせいですか?インナーを着用するのとしないのとを、同時には試せないので、果たしてどちらが快適なのか未だに分かりません。

次は下半身です。こちらは逆に、昨年はインナーを着用してましたが、今年デビューしたレーパンではノーパンが常識ですよね?しかし、何故ノーパンなのか?常識だと言うだけでは思考停止です。

上半身がインナーを着用した方が良いのなら下半身だって同じはずですよね。実は股間が汗ビショになるたび、インナーを着用した方が良いのではないだろうか?と考えているのです。

いやいや、下半身は動きが激しいからインナーを着用すると擦れるんだよ、と言う意見も聞きます。ひと昔前はそうだったかもしれませんね。でも、自分は乗る距離が短いせいか、最近のシームレスのスポーツインナーを着用すれば全然、擦れません。

インナーを着用するとせっかくのレーパンのパッドの効果が半減すると言う意見を聞いたこともありますが、これは非論理的に過ぎるので却下。

やっぱり、発汗やクールダウンから、着用か非着用かを判断するのが正しいのかな?

今のところ、上半身も下半身も、インナーを着用した方が快適なのか、着用しない方が快適なのか、実際に試してみても答えが出ていません。案外、どっちでも大した違いはないのかな?

両方試した結果の答えを持っている方がいらっしゃいましたら、是非、ご教示願います。

ランキングに参加しています。クリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

これが私の生きる道

皆さん、おはようございます。いよいよ夏本番。お互い体調には気をつけて自転車生活を楽しみましょう。

さて、ロードバイクに乗り始めて四ヶ月、最近ようやくジャージにレーパン、アイウェアと一応の形が整ったので、止まっていれば、自分も遠目にはそれなりに見えるかもしれません。

しかし、近くに寄れば身体に筋肉はないし、50mも一緒に走れば、なんだ、なんちゃってローディか、と直ぐに見抜かれてしまいます。ルック車ならぬルック者です。

一日も早く一人前のローディになるためには、少しでも多く乗らなければならないのでしょうが、今度の土曜日も仕事で乗れません。ここが週末早朝限定おじさんのつらいところです。

まあ、自分が自転車に乗っているのは、基本的には身体の調子を良い状態に保つのが目的なのです。朝、公園でラジオ体操をしているおじいさんや散歩しているおばあさんと同じなのです。

確かに乗る以上は少しでも速く走れるようになりたい、少しでも遠くまで行けるようになりたいとは思いますが、焦りません。無理して体調崩したら本末転倒です。

そういう事にしておけば これから先もイイ感じ


ランキングに参加しています。クリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

水とアクエリアス

皆さん、おはようございます。ようやく梅雨も明けたようで、いかがお過ごしでしょうか。

さて、最近の猛暑炎天下に走っていると、やたらに水分補給してしまいますよね。自分は先日の日曜日には、僅か70km走る間にペットボトル3本飲んじゃいました。

最初はアクエリアスを飲んだのですが、あまりの暑さのせいか、口の中に妙な後味が残り不快です。そこで2本目は水を飲んだら、口の中はサッパリしたものの、今度は力がでません。で、最後はまたアクエリアスを飲みました。

結局、アクエリアスと水の両方を持って走れば良さそうですが、そうなるとツールボックス外して飲み物を2本持って行かないといけないです。

う〜ん。サドルバッグ付けなきゃダメですかね。久しぶりに、おじさんは今夜も憂鬱です。


ランキングに参加しています。クリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

チェーンリングの歯がっ!

皆さん、おはようございます。チェーンの洗浄、注油はどの位の頻度で行っているのでしょうか?本来であれば走行距離や条件で判断すべきなのでしょうが、自分はアバウトな性格なので忘れないように月に一度、給料日前後に行うこととしています。

ということで、昨日は、猿投山ライドの下りでドロドロになってしまったこともあり、洗車と合わせて1ヶ月ぶりのチェーン&スプロケッ洗浄を行いました。チェーンはいつものように外してペットボトルに入れて灯油でシャカシャカと洗います。スプロケットはディグリーザーを付けたペーパータオルでゴシゴシと磨きます。ほら、ピカピカになりました。

120716a.jpg

120716c.jpg

ん。少しだけどチェーンリングの歯が欠けていないかい?えぇーっ!

120716b.jpg

確かに自分は変速も下手です。まれに上手にできたときは、カチャ、とほとんどショックもなく変速しますが、ガッチャン、とか、バキッ、とかすごい音がしたりショックが伝わるときも多いです。

ロードバイクコンポーネントは軽量化のためでしょう、チェーンリングの歯がとても薄いですよね。確かにこれに、ガッチャン、バキッとショックを与えちゃ、歯も欠けてしまうでしょう。まだまだ上位コンポーネントを欲しがるレベルにはほど遠いことを突きつけられた昨日の洗車でした。


ランキングに参加しています。クリックして頂けたら嬉しいです。 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

やっぱり坂は嫌い

皆さん、おはようございます。昨日はモリゾーさんの他に新たにtomorocchiさんにも参加して頂き、猿投山に行って来たので記録を兼ねて報告させて頂きます。それにしても、ひとりぼっちだった自分にも少しずつ一緒に走ってもらえる方ができつつあります。こんな拙いブログだけど始めて良かったとなぁとつくづく感じる今日この頃です。

さて、当日のコースは何度か走ったことのある戸越峠コースにオプションで猿投山ヒルクライムを追加したものです。約束の5時前には集合場所の今池交差点に全員集合しました。最近、少し日の出が遅くなったので、皆さんが明るくなってから家を出ることができるように、集合時間をもう少し考えないといけなかったですね。反省です。

コース図

簡単に自己紹介しあって早速広小路通りを東進します。お二人とも難なくモリコロパーク前の坂道をこなし小一時間で豊田市との市境に着きました。やっぱり今日も自分が一番の貧脚のようです(苦笑)

120715a.jpg

さて、いつもの朝練では折り返し地点となる八草ICも今日はほとんどスタート地点。猿投グリーンロードに入ってすぐの坂を淡々と登ります。しかし、この季節、相変わらずクモの巣が顔にかかって鬱陶しいなぁ。

登った分だけ下るといよいよ出口の猿投IC。ここから県道349号を北に進むと猿投神社です。この神社の右側が猿投山展望台に続く東海自然歩道の入り口です。鬱蒼と茂る森の中に一応はアスファルト舗装されてはいますが、車一台分の道幅しかなく、ハイキングやトレイルランをしている人もそこそこいますし、時々、自動車も通るので、注意して登らないといけません。

120715b.jpg

いつものようにモリゾーさんを先頭にtomorocchiさんが続き、自分は最後尾をついて行きます。途中現れた水車辺りまでは何とかついて行ったのですが、もう無理、次第に離され、いつものごとく単独行となりました。それにしても、この猿投山、勾配がきつくなり「もうダメ、脚を着こう」と思ったころフッと緩くなるので「もう少しだけ頑張るか」と思ってしまう、そんなくり返しが延々と続く登りでした。初めてなのであとどの位でゴールなのか全然分からず、その意味でもきつかったですが、何とか展望台入り口まで脚を着かずに登ったので良しとしましょう。

120715c.jpg

展望台入り口でtomorocchiさんと休んでいたのですが、ん?モリゾーさんがいない?まさかそのまま向こう側に下っていってしまったのか?と思っていた頃、戻ってきて「もう少し向こうが“東の宮”の入り口だよ。鳥居とトイレもあるよ。」と教えてくれたのでさらに進みます。着いた着いた。これで「猿投山?うん。きつかったけどこの前登ってきたよ」と吹くことができます(笑)

120715d.jpg

しかし、猿投神社から東の宮の鳥居まで延長5272m、標高差344m、平均勾配6.5%は今の自分にとってはギリギリでした。今回、なんとか上れたのも一緒に走ってくれたお二方がいたからです。1人だったら絶対に途中で引き返していたでしょう。

さて、帰りは一気呵成の下りです。とは言うものの砂は浮いてるし、慎重に慎重に。それでもところどころ路面がビシャビシャなので、赤色ならぬ泥の水玉ジャージになってしまいました。猿投神社脇の自動販売機で水分補給したら今度は戸越峠です。猿投神社から北に進み、国道419号を藤岡飯野町の交差点で左に曲がり県道33号を進みます。

しかし、猿投山で完全に脚が終わってしまいました。今回で4回目の戸越峠ですがこんなに手前からインナーに入れたのは初めてです。ここで自分がヒイヒイ登っていると、モリゾーさんがカメラを片手に構え自分の横にスッと出て写真を撮ってくれました。余裕ですかっ!走っている写真を撮って貰えるって嬉しいけど、あまりの差に凹んでしまいます。

120715e.jpg

戸越峠のピークを過ぎればもう、後はゴールまで基本下りだけです。瀬戸川、矢田川の堤防を走り、10時過ぎには皆さんと別れ、無事、今回の獲得標高1000mオーバーの猿投山ライドが終了しました。

やっぱり坂は嫌い(笑)


ランキングに参加しています。クリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

アイウェアとレンズの色

皆さん、おはようございます。今日も日の出と共に出発ですが、集合時間まで少しありますので、昨日試したアイウェアの使用感について報告しておきます。

自分は眼鏡っ子なので、これまでロードバイクに乗るときでもアイウェアをしていませんでしたが、7月も中旬の今日この頃、さすがに眩しいのと眼球の日焼け?が辛くなってきたので、使い捨てのコンタクトレンズとの合わせ技でアイウェアデビューすることとしました。

アイウェアは、安価でありながら信頼できるメーカー製ということで、イオンサイクル(笑)で売っているOGKカブトのIG-01を買いました。2,980円です。レンズの色は何も考えず、一番眩しくなさそうな黒っぽいレンズを選びました。

R0013097.jpg

このアイウェアの使用感については風の巻き込み等もなく合格です。50km/hrで走ってもコンタクトレンズを使用している不安感はありませんでした。皆さんの使用しているアイウェアの1~2割の値段でしたが、自分的にはOKです。安物買いの銭失いにならず良かった良かったと思ってふと空を見上げると雨が降ってきそうです。早く帰らなくちゃ、と思ったときハッと気づきました。違うぞ!

そうです。空が暗く見えたのはアイウェアのせいでした。外したとたん、パッと世の中が明るくなり、雨の気配もありません。天気を読みながら走るのであれば、これはちょっと考えた方が良いかもしれません。

自分が走るのは、基本的に日の出からの2~3時間が多いです。おそらく、このレンズじゃ暗すぎるのでしょう。幸いIG-01は交換レンズも店頭に並んでいました。早速、イオンサイクルに行き、オレンジっぽい交換レンズを買ってきて、レンズを交換しました。980円です。

R0013108.jpg

R0013111.jpg

これで大丈夫でしょう。じゃ、今からオレンジレンズのアイウェアを試しがてら猿投山ライドに行ってきます。


ランキングに参加しています。クリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

コンタクト、試してきました

皆さん、おはようございます。今朝の名古屋は夜半の雨も上がり青空も少しだけのぞいていますが、路面はまだアスファルトが黒く濡れています。しかし、この後もしばらくは降りそうもないので、強度近視の自分がアイウェアを使うための関門、すなわちロードバイクにおけるコンタクトレンズの使用感について試してきました。

先週の8日にコンタクトレンズを購入したことはすでに報告したとおりですが、自分ほどの強度の近視になるとコンタクトレンズも店頭には置いてなく取り寄せとなります。それでも10日には自宅に届けられました。便利な世の中になったものです。しかし東京から名古屋に送るのに航空便って何かの冗談でしょうか?

R0013099.jpg

R0013098.jpg

さて、いよいよ装着します。コンタクトレンズ自体は20年も前になりますが使っていたことがあり全くの初心者ではないですが、技術の進歩はすごいです。昔のものと比べ格段に良い装着感で、異物感はほとんどありません。

肝心の見え具合はまあまあです。なぜまあまあかと言えば、自分は近視+乱視なのですが、装着感と走っているときに風圧で飛んでしまうのが怖いので、基本的には乱視の矯正ができないソフトレンズにしたのです。まあ、この位見えれば自転車に乗る分には不都合はないでしょう。

いよいよアイウェアをかけてみます。憧れのサングラス姿が実現しました。とはいうもののここからが肝心です。使用に耐えうるのか?

いつもの八草コースでテスト走行です。はじめはゆっくりゆっくり。平坦路で20km/hr、30km/hrと速度を上げてみます。問題なさそうです。

いよいよ高速テスト。下り坂を使って40km/hr、50km/hrで走ってみます。驚きの結果です。アイウェアをかけている効果でしょうが、それにしても前傾姿勢の上目遣いで走り続けても、眼球の乾きもコンタクトレンズのズレも、問題となるような現象はいっさい起こりませんでした。これなら風圧で飛ぶ心配はしなくても良さそうです。

なお、今回は初めて使い捨てコンタクトレンズを購入したため、本来より度数を下げたものにしたのですが、遠くの標識の文字が読めないのが唯一の誤算でした。次回の購入時にはもう2~3段階度数を上げましょう。

また、汗が目にはいるとちょっとしみますね。これは裸眼でも一緒なのでタオルを持つことで解決しましょう。

結論。ロードバイクにおいて使い捨てコンタクトレンズ(ソフト)は非常に快適に使えました。


ランキングに参加しています。クリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

想定外の効用

皆さん、おはようございます。今朝は仕事上のトラブルで4時に電話で起こされ、5時には出社しました。これまでの自分だったら眠いし腹の一つも立てていたでしょうが、今では平気、にこやかに対応できます。

そうです。自転車を始めた効用てす。自分は週末、街中の自動車が嫌なので、いつも日の出から早朝にかけて走っています。最初は慣れなくて眠かったのですが、いつのまにかそれが普通になり、平気になりました。

おかげで今朝のように5時に出社することとなっても全然平気です。これは自転車を始めて得られた予想外の効用でした。そのかわり夜寝るのが早くなり、家族からは、「おじいちゃんになっちゃったねぇ」とからかわれていますが(笑)

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

眼鏡っ子、アイウェアを買う

皆さん、おはようございます。自転車の楽しみの一つには、普通の人生では絶対に経験することのないピチピチレーパンを履いて仲間とたむろしたりする、いわゆる変身願望が実現することもあるのではないでしょうか?アイウェアも変身アイテムの一つでしょう。

ところが、この簡単な変身アイテムも目が悪い人にとっては簡単な話じゃありません。度入りのアイウェアという方法もありますが非常に高価である上、度数に制限があるため、強度の近眼には対応していません。次善の策としては眼鏡の上にかけるオーバーグラスと言う手もありますが、う〜ん、なんかパッとしません。

ということで、強度の近眼である自分は今まで普通の眼鏡で走っていました。しかし、早朝に走ると朝日がまぶしくて前が見えません。日が昇れば眼球が日焼けしてチリチリします。そんなわけで根本的な対策に乗り出しました。

そうです。コンタクトレンズです。先日娘がコンタクトの定期検診に眼科に行くというので一緒に付いていったところ、最近のコンタクトレンズの中には激しいスポーツにも耐えられるものがあるとのこと。

これまで自転車は風を受けるからコンタクトレンズなんて絶対無理!と思っていました。

実際、無理かもしれませんが、使い捨てのコンタクトレンズならばダメでも数千円の出費で済むということで挑戦することにしたのです。

とりあえず一箱、購入しました。両目一ヶ月分で6,000円です。一ヶ月分と言っても最大、土日しか走りませんから、実際には3〜4ヶ月はもちます。

続いて自転車屋にむかいます。果たしてコンタクトレンズをしてロードバイクに乗れるものなのか分かりませんし、無駄になるのを覚悟で一番安いアイウェアを購入しました。ツールボックスでお世話になったOGKカブトの2.980円のアイウェアです。

使用レポートは今週末の予定。強度の近視諸君。乞うご期(笑)

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

みんなと走るときの罠

皆さん、おはようございます。自分は、これまでずっとおひとりさまで走ってきたのですが、最近、他の方と一緒に走らせて頂いて、みんなで走るときは、ひとつ気をつけないといけないことがあるのに気付きました。
他の方と走ることは刺激にもなり文句無く楽しいのですが、その裏側に罠が口を開けている気がします。このことはあまりブログでも見かけないので、少数意見かもしれませんが、ちょっと記してみます。

前振りが長くなりましたが、要は他の人と走ると、楽しくて嬉しくて頑張り過ぎてしまう、ということです。

若い方や、年配の方でも身体が丈夫な方なら問題ありません。トレーニングになるわけで、早く走れるようになるためにはむしろ必要なことでしょう。

しかし、自分の様に基礎体力的に劣る者は気をつけないといけません。マラソンのように力を出し切ってゴールで倒れても介護して貰えるなら、まあ大丈夫です。しかし、自転車の場合、自動車が横を走り抜ける道路を走るわけですから、余裕がなくなったら、即、事故が待っています。

先日、他の人と走ったとき、峠に着く前に頑張り過ぎて脚を疲労させてしまったのでしょう。峠を登り始めたら両足がつりそうになってしまったのです。

ピクピクとひきつりかけるふくらはぎを片手で揉みながら登ったのですが、今、脚がつったら転ぶなと、ちょっと怖かったです。こんなことは初めての経験でした。ひとりの時だったらサッサと脚を着いて休憩していたでしょう。

誤解されるといけませんので繰り返しますが、遅い速いは関係なく体力や筋力が弱っているおじさん達は、みんなと走る時に、その楽しさに油断したり、あるいは見栄をはって頑張り過ぎないようにしましょう、ということです。多少は追い込むことも大事ですが、どうしてもひとりで走るときより無理しがちになり、最悪、事故にもつながり易いのではないだろうかと思ったのです。

まあ、ペース配分もできないド素人の戯言ですから、なに言ってんだか、とスルーして頂ければ良いのですが、これからはじめて他の人と一緒に走る予定があるおじさん達の参考になれば、幸いです。

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

はじめてのトレイン

皆さん、おはようございます。梅雨も小康状態というところで、昨日は走りに行かれた方も多かったのではないでしょうか。自分は初めてのトレイン(らしきもの)を経験させてもらいましたので紹介させて頂きます。

青空の広がった日曜日の朝、先日、おふたりさまライドを初体験させて頂いたもりぞーさんと、「それでも強く生きて行く」でブログ村にも参加されているKTMさんと待ち合わせ。今日は皆さん後の予定があるとのことで、日の出と解散時間から逆算したギリギリの集合時間をセットしました。

先ずは軽く自己紹介。初顔合わせのKTMさんは、ブログ中に時々掲載されている素敵なイラストから想像していたとおり優しそうな方でした。

さてのんびりもしていられません。早速、矢田川の左岸堤防からスタートし、途中、瀬戸川の右岸堤防に移動し上流瀬戸に向け走ります。自分は後ろについたら速攻で千切れる自信がありますので(笑)、道を知っているからということにして、最初は無謀にも先頭を走ります。

ここで先日のおふたりさまライドと同じ過ちを繰り返しました。すなわち、後ろを気にして(見栄をはって)本来の自分の実力ペースより早く走ってしまったのです。「えっ!あれで?」と言わないでね。もりぞーさん。KTMさん。

そんなこんなで瀬戸市街。まだ朝日が低いので眩しい眩しい。そろそろアイウェア、何とかしなくちゃです。

R0013078.jpg

今日の目的地は雨沢峠。途中、もりぞーさんに写真を写してもらったり、コンビニに寄ったりしながら計測開始地点と言われる上品野口バス停まで走ります。写真のデータによればここで6:15頃。

R0013086.jpg

さあ、登り始めます。途中で抜かれるのを避けるため最後尾からスタートです(笑)。ほとんどフラットな白岩町あたりまでは何とかついて行ったのですが、東海環状自動車道の下を潜る手前辺りから次第に離れてしまいます。少し焦ったのですが、お二人はすぐに視野から消えたので開き直ってマイペースで上ります。

ようやくゴールのアンテナです。マイペースで上がったつもりですが、お二人を待たせてしまっているという気持ちがどこかにあったのでしょう、先月一人で上がったときより頑張ったせいか、両足の膝の裏から足首の付け根までピクピクとふくらはぎが突っ張っています。クリートが上手く外せません。

ああっ!不覚にも余裕でくつろぎタイム中のお二人の目の前で立ちゴケです。う〜ん、恥ずかしい。レベルが違いすぎるぞ。

気を取り直して撮り合った写真のデータによれば、6:50。前回と同様、自分は30分以上かかっていますね。

R0013089.jpg


さて、帰りは天国。それにしてもKTMさんのコーナーリングは早いです。自分もこの下りでロードバイクに乗ってからの最高速度57km/hrを記録しているのですが、あっという間に視界から消え失せてしまいました。

麓で再度、三人そろって走り始めます。品野町から瀬戸市街への丘はKTMさんが引いてくれました。自分はこのとき二番目を走っていたのですが、せっかくの機会なのでトレインのまねごとをしてみました。とは言うものの追突したらいけませんので少しだけ右にずらして、距離もせいぜい1m前後まで近づいただけですが、それでも「うん、なんか楽だわ」ということが感じられました。先入観による錯覚かもしれないですけれどね。

瀬戸市街に戻って堤防を走るとき、今度は自分が先頭に出させてもらいました。限界まで頑張って走りました。KTMさんが真後ろについてます。朝日を背中に浴びているので影が自分のバイクの真横に見えます。すごいプレッシャーですね。

後で聞くところによれば、「真後ろについたらペダルを回さなくても進むほどだった。踏んだらぶつかりそうだった。」そうです。申し訳ありません。機関車がボロなので、あれ以上のスピードは出ません。

そんな風に遊びながら?走っていたら帰りはあっという間です。千代田橋でお二人と別れ、家に着いたのですが、平均速度は、ほぼ同じコースを一人で走った先月と比べて1.3km/hr早くなりました。やっぱり、他の人と走ると楽しいことはもちろんですが、得るものがありますね。もりぞーさん、KTMさん、これに懲りずにまたご一緒して下さい。

ランキングに参加しています。クリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ブログの力

皆さん、おはようございます。これが梅雨だと言えばその通りですが、今週末は是非とも晴れて欲しいです。なぜか?

自分は一年以上、おひとりさまとしてクロスバイクに乗ってきました。そしてこの春、ロードバイクを購入したのを機会に一緒に走ってくれる仲間が欲しいなと思い始めたのです。

しかし、自分は人見知りだし、他人に合わせるのが苦手だし、社交的でもないので、ど初心者の今、ショップの走行会に参加するのも躊躇われていました。

そこで、ひょっとして同じような思いの人が近所にいるかもしれないな、ひょっとして一緒に走ってくれる人がいるかもしれないなと、このブログを始めたのです。

ブログの力は凄いですね。始めて三ヶ月も経たない内に声をかけて頂き、おふたりさまを初体験させてもらいました。

そして今週末は、さらにお二人から声をかけて頂き、なんと四人で走ることができそうです。そんな訳で今週末は、少なくとも土日のどちらかは晴れて欲しいのです。

嬉しすぎて一緒に走ってくれる三人さんには、お礼の言葉も見つかりません。せっかく皆さんが一緒に走って下さるのです。一日も早く、集団で走ることのできるレベルになれるよう、少しだけ頑張ってみたいと思います。

いつになく神妙なおじさんでした。


ランキングに参加しています。クリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

美しき猫背、あるいは胃けいれん

皆さん、おはようござます。昨日は結局終日雨で自転車に乗れませんでしたが、一風変わった経験をしたのでちょっと紹介しておきます。ただ、あまりにもアホな内容なので、「こいつバカァ?」と思われたら、そのままスルーしてやって下さい。

それは土曜日、いつもの八草コースを走った後に始まりました。その日は一週間ぶりであり、自分としてはがむしゃらに追い込んだりはせず、ウォーミングアップ的に走ってきたのですが、むしろ登りと下り、そしてフラットのペース配分が良かったためか、八草コースの個人的新記録をマークしました。

そんなこんなで機嫌良く休日を過ごしていたのですが、朝練から戻って半日ほど経ってからでしょうか、ときどき胃の辺り(みぞおちを挟んだ両側辺り?)がキュッ~となるのです。痛いと言うほどではないですが、思わずおなかをグイッと引っ込めて肩甲骨を開いた姿勢をとってしまいます。なんだか自転車に乗るときの、いわゆる骨盤を立てた美しい猫背の姿勢のシミュレーションをしているようです。

こんな症状が約1日程、昨夜寝るまで思い出したように続きましたが今朝はもう大丈夫みたいです。これは何だったのでしょうか?腹筋の筋肉痛?違いますよねぇ~。冷たいものを飲んだり食べたりして胃がびっくりしただけですかね?そうだったら恥ずかしいしアホ丸出しですね。

ネタがないなら更新するな?ごもっともです。


ランキングに参加しています。クリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

膝は調子のバロメーター

皆さん、おはようございます。名古屋は朝から雨がぱらついています。今日はモリゾーさんとKTMさんと一緒に雨沢ライドを予定していましたが残念ながら延期です。この季節だからしょうがないですね。

さて、気を取り直して。
自分は平日、朝夕それぞれ、自動車に1時間以上、乗っていなければいけません。満員電車に揺られている方からすれば恵まれているかもしれませんが、これはこれで結構きついものがあります。

というのもどうやら自分は右脚の血流が悪いらしく、車のシートに座っていると右脚の大腿部から特に膝の上辺りがしびれるように重くなるのです。このため、今の仕事環境に移った1年前から右膝の調子が慢性的に悪化してしまったのです。

少しでも改善しようと、車に揺られながら自己流でマッサージしてはいるのですが、痛くならないようにするのが精一杯。ところが不思議なことに、週末、自転車に乗って脚をクルクル回していると30~60分位でこの右大腿部から膝までの嫌な重さが一時的にですが消えるのです。ほんと、自転車って良いですね~。

しかし、ここで油断してはいけません。自転車から下りれば、また嫌な重さが戻ってきますし、乗ってる最中でも調子に乗って膝に負荷をかけすぎると膝そのものが痛み出すのです。

皆さんのブログを拝見していると、サドルやクリート位置とかペダリングの良し悪しで膝が痛くなる話を見かけるのですが、自分の場合、そのレベルにさえ到達できません。現状では、日常生活で支障のない状態を保つのが精一杯なのです。

ガラスの膝、なんて格好つけてますが、要はおじいさんがリハビリやっているようなものです。

歯目膝(笑)


ランキングに参加しています。クリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。