おじさんは今夜も憂鬱

ロードバイクを購入してしまった五十路過ぎのおじさんの悩み尽きない日々!

台風が来る

皆さん、おはようございます。台風の直撃、どうやら避けられそうにありません。災害が発生しないことを祈ります。

さて、この週末は今日の午後から土日も仕事なので、今朝が唯一のチャンスとばかり、早朝、2時間だけ走ってきました。

日の出前、台風が近づいてくるためか、東の空は雲に覆われ、不気味な感じの朝焼けでした。

120929a.jpg

しかし、おかげで逆光に悩まされることがないので、久しぶりに朝練のホームコースである東山通りを東に向かって走り出しました。

東山通りは、覚王山、星ヶ丘、長久手など、アップダウンの連続なので、最近、「専務道場」で教えてもらった乗り方を復習するつもりで走ったところ、坂を上る速度が自分比で少し早くなった気がします。
単に、ロードバイクに慣れてきた、脚力が付いてきた(自分比)、だけかもしれませんが、それでも嬉しいですね。


最近更新できてないね!と言われる方も、クリックして頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村

スポンサーサイト

ヘッドスペーサーがズレている!

皆さん、おはようございます。昨日は午前中雨に降られ、結局、自転車に乗ることができなかったので、サイスポを読んで憂さを晴らしていたおじさんです。

さて、先週、ハンドルをいきなり2cm下げたら体が悲鳴をあげたことを告白したところ、皆さんから「ムチャしたらあかん。先ず5mmから始めなさい。」とご指導頂きました。
はい。おっしゃるとおりに致します。こんなに肩が痛くては、週末の“せせらぎ街道お気楽ライド”が楽しめないだろうと、1.5cm上げることとしました。

しかし、オリジナルでセットされているスペーサーは1cm×4枚枚なので、金曜日の夜までに5mmのスペーサーを手に入れなくちゃとAmazonで検索します。どうやら見た目「Bazooka カーボンヘッドスペーサー 1-1/8 5mm」が、オリジナルと非常に似ています。外しても2個で630円なので悩む程でもありません。ポチッとな。

金曜日の夕方、無事、届きました。

120924a.jpg

おぉー!色といい、カーボンの編み目柄といい、オリジナルそっくりじゃん。早速、オリジナルのスペーサーを1個抜き、届いた5mmのスペーサーをステムの上下に入れます。

120924b.jpg

んっ!飛び出している!(◎_◎;)

120924c.jpg

オリジナルの厚みが3mmであるのに対し、今回購入したスペーサーの厚みは3.5mm程だったのですね。う〜ん、許せるか許せないか微妙なところです。

肝心の使用感は皆さんのご指摘通りでした。ハンドルの下げ幅を5mmだけにしたところ、前回2cm下げたときに出た肩と親指の付け根の痛みは全く出ませんでした。腕が少し疲れた位です。これでしばらく体を慣れさせて、次の段階で1cm下げに挑戦しましょう。そうすれば、スペーサーの面が段違いになっているのも解消できます。


先達の言うことは聞くモンだろ!といわれる方も、クリックして頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村

せせらぎ街道をゆく

皆さん、おはようございます。今朝の名古屋は雨。基本的に週末の2日しか走れない自分にとっては痛恨の天気ですが、気持ちを切り替えて、ロードバイクを始めて以来、最高に贅沢だった昨日の朝練の報告をします。

話は遡ること1ヶ月前、「sennmuさんから、下り中心のお気楽ライドのお誘いがあるよ。行かない?」と連絡をもらいました。

もちろん二つ返事で参加表明します。

ところが、送られてきたライドの中身を見ると「スタートから23kmは2~7%の上りだよ。せせらぎ街道峠チャレンジだ」とあるではありませんか。

ルートラボで調べると、全延長63kmの内、上りが23kmで下りが40kmですから、確かに下り中心ですが、ピークは標高1,113mの西ウレ峠です。sennmuさんによれば「初心者向け」だそうですが、一緒に行く皆さんに迷惑をかけてしまわないかと、おじさんは今夜も憂鬱です(笑)

120922h.jpg

さあ、スタート地点の道の駅「ななもり清見」に到着です。
今回のライドでは、畏れ多くもsennmu師匠に、せせらぎ街道まで参加者全員とその自転車をトランポして頂いただけでなく、我々の伴走までして頂きました。sennmu師匠、ありがとうございました。恐縮&感謝感謝です。

120922a.jpg

早速、せせらぎ街道の入り口に向け移動です。名古屋とは気温が全然違います。15~6℃かな。走り始めたら肌寒い程です。

120922b.jpg

さあ、8:00。いよいよ西ウレ峠を目指して登ります。お気楽ライドとはいえ専務道場ですから、もちろん課題が与えられました。お題は「トレイン」です。4人で先頭を交代しながら極力、一定スピードで走るというものです。トレインのスピードは4人の中で最も貧脚である自分に合わせてくれるため、勾配が2%、3%、4%と上がるに従い25km/hr、23km/hr、20km/hrと落ちていきます。それでも呼吸はゼイハアゼイハアとふいごのようで、ついて行くのが精一杯です。

120922i.jpg

120922j.jpg

自分が2番目を走っているときなど、先頭が下がるために横に移動しても、自分が加速できないためなかなか先頭に出られません(汗)

120922k.jpg

西ウレ峠の手前の数キロは斜度が5~7%となるため、自分が入っていては、もうトレインを組むことは無理です。そこで、インナーに落とすとともに最後尾に下がり、あとはピークまでマイペースで上ることとします。速度はいつものごとくひと桁です。

120922l.jpg

ピークの1km程、手前からでしょうか、フッと勾配が緩くなりました。もうじきピークだ。最後に残っている元気で加速します。先に着いて待っていてくれる皆さんが見えました。sennmuさんが「のぼり旗」を振って励ましてくれてます。

9:20、ごおぉぉぉる!!

120922m.jpg

西ウレ峠。標高1,113m。いつものことながらぶっちぎりで最後着ですが、足を付くことなく上りきったので良しとしましょう。真っ青な秋空が祝福してくれているようです。

120922d.jpg

さて、ここからはご褒美の40kmの下りです。KTMさんが全区間先頭で引いてくれました。いや~、楽ちん楽ちん。KTMさん、向かい風も吹く中、申し訳ありませんでした。

120922n.jpg

郡上市街に入りました。楽しかったライドもそろそろ終わりです。

120922f.jpg

ゴール地点の長良川鉄道「郡上八幡駅」です。sennmuさんを初めとし、一緒に走って頂いたKTMさん、tomorocchiさん、Toymeenaさん、ありがとうございました。おかげで、自転車で初めて標高1,000mを超える経験ができました。これからも一つずつ、新しい経験を積み重ねていきたいものです。

120922g.jpg

ランキングに参加しています。クリックして頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村

経験値がリセットされた

皆さん、おはようございます。いや〜、年を取ると時間の経つのが早いですね(笑)。自分がロードバイクを買って既に半年が経ちました。少しは体も慣れてきたかなと思っていたのですが、このたび購入直後の経験値ゼロ状態にリセットされてしまったので今日はそのお話を。

先週末、かのsennmu師匠から、「上体が使えてないね〜、ハンドルが高すぎるかな?下げると上体使いやすいよ」とアドバイスを頂きました。

PINARELLO FP DUEはエントリーレベルのロードバイクで、購入時のハンドルは結構な高さです。

120915f.jpg

そこで、とりあえず真ん中までさげてみようと2cm下げてみました。

120915g.jpg

オイオイ。普通、ロードバイクのポジション調整はmm単位なんだから、下げるにしてもせいぜい1cmでしょ!
まあ、この辺が自分のせっかちでアバウトなところなんですね。

早速、テストランです。60km程走ってきました。

きっつ〜

先ず、肩の付け根が痛み出しました。腹筋がないから腕を突っ張って、さらに腕の筋肉も無いときてるから、肩の関節に直接きているのかなぁ?

その次は上腕二頭筋(三頭筋)にきました。二の腕ダルンダルン(泣)

腕を突っ張りながらブラケット握ってるから親指の付け根も痛いです。指の股裂じゃ〜。むしろ下ハン持った方が楽?

う〜ん。これではロードバイクに乗り始めた直後の悲惨な状態に逆戻りです。今週末は皆さんと坂を25km上る練習が控えているんですけど。大丈夫か自分(笑)


ムチャせず1cm戻しなさい!と思う方も、クリックして頂けたら嬉しいです。 


にほんブログ村

太い方はご注意を!

皆さん、おはようございます。昨日の名古屋は日の出は晴れで、家を出ようとしたら土砂降りになり、しばらくしたら太陽が顔を出し、今度こそ出発しようとしたらまたまた土砂降りと、結局、自転車に乗るのをあきらめた空模様でした。

さて、先日、GENTOS閃 SG-355Bを購入したところですが、スマートとはほど遠い形でしか取り付けられなかったので、購入を検討している方の参考になればと報告しておきますね。

GENTOS閃 SG-355Bにはパイプホルダーが付属しているのですが、その対応パイプ径はΦ20〜Φ25mmです。

120917a.jpg

PINARELLO FP DUEのハンドルパイプ径はΦ30mmですが、自分は基本的にアバウトな性格なので5mm位どうにでもなるだろうと甘〜く考えていました。

確かに、パイプホルダーのパイプ取り付け部の材質は軟質プラスチックなので、えいやっ!と広げてやれば、上から見る限り、ハンドルパイプにぴったり嵌りました。しかし、下から見るとパイプ取り付け部の足の長さが寸足らずで、おおよそハンドル周長の1/3位が開いている感じです。

冷静に考えれば当たり前ですね。円周は直径の3倍だから、対応パイプ径がΦ20〜Φ25mmのパイプ取り付け部の足の長さは6cm。これに対してハンドルパイプ周長は9cmだから3cmも不足するわけです。

初めは長めのボルトを通して固定しようとしたのですが、ハンドルパイプと干渉してしまうので断念。次はパイプ取り付け部だけΦ30mm対応の部品に交換しようかと考えたのですが、ライト取り付け部とリベットで連結されているためこの案も却下。

結局、最も安易で簡単な、でもスマートではない形に落ち着きました。そうです。結束バンドで結んだだけです(笑)

120914b.jpg

それでも、パイプ取り付け部を広げてパチンと嵌めてあるためガタツキ感もなく、しっかりと固定できており、また自転車に乗っている限り結束バンドも全然見えず気にならないので、これで良しとします。

最後に、ライトとしての使用感については大勢の方のコメント通りでした。対向車(者)にこちらの存在を知らせるには十分以上に明るく、市街地など他の明かりが期待できる場所であれば、これ一灯で十分事足ります。ただ、山中などの真っ暗闇の中を速く走るには少々心許ないかな。

120916a.jpg

と、いうことでGENTOS閃 SG-355B自体は使えるライトですが、ハンドルパイプ径がΦ25mm以上の方は取り付けに注意してくださいね。


結局、ヒモで結んだだけかよ!とおっしゃる方も、クリックして頂ければ嬉しいです。 


にほんブログ村

壁に耳あり障子に目あり

皆さん、おはようございます。今日は敬老の日ですか。下手くそな絵を描いてじいちゃんやばあちゃんにプレゼントしていた頃から幾星霜、あと少し経てば自分がもらう側になるという事実から目を逸らせ続けている今日この頃です。

さて、先日来、新しい朝練コースを求めて下見ライドを行っているのですが、せっかく教えてもらった「高森山公園周回コース」がまだ未走破です。ということで、昨日、走ってきましたよ。

日の出前に家を出て、先日下見した愛知県森林公園周回コースから東谷山フルーツパークを突き抜けます。いよいよ初めて走る道です。庄内川を渡ったら東に向かい、玉野の踏切で北に曲がり、航空自衛隊高蔵寺分屯基地の横を北上します。

120916b.jpg

おぉっ!これは気持ち良い道です。先ほど走ってきた森林公園周回コースは、現在工事中で舗装が悪いことと道幅の割に車が多く、正直、少々怖い感じがするのですが、この県道53号は路側帯が非常に広く、横を車が通っても全然怖くありません。

しかし、かのsennmuさんが推奨された練習コースです。甘いわけはありません。5~6%の坂を上ったり降りたりする1周約10kmのコースです。

120916g.jpg

どうにか最初の坂を上りました。ここがピークの「少年自然の家入口」交差点です。

120916c.jpg

しかし、コソ練で良かった(笑)
こんなコース、いつものメンバーと一緒に走ったら、即、周回遅れにされてしまいます。って、一周しか走りませんでしたが(爆)

うん、これは良いコースです。道も広くて走っていて気持ち良いです。ただ、ここに来るまでがちょっと遠いんですよね。1周だけで帰るとしても、わが家から出発して帰るまでで60km。3時間かかっちゃうんですね。時間に余裕がある日に来ることとしましょう。

ん、タイトルの意味ですか?
じつは、今回はコソ練ということで一人でこっそり走っていたのですが、なんということでしょう、往路ではsennmuさんとすれ違い、復路ではToymeenaさんに捕捉されてしまったのです。隠しごと?はできないものですね(笑)


ランキングに参加しています。クリックして頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村

ママチャリ乗りしてちゃダメだっ!

皆さん、おはようございます。お仕事の方、ご苦労様です。自転車三昧の方、羨ましいです。自分はなんとか、早朝だけは自転車に乗る時間を確保できました(笑)

さて、話は遡ること4日前、1本のメールが入りました。

「土曜日に専務道場やるよ。集合は6時!」

おぉっ!これは、何をさておいても参加せねばっ!

いよいよ当日の夜明け。心配された雨も上がったようです。まだ眠っている町を抜け出して~♪集合場所に行くと、間もなくいつものメンバーが揃い、早速、sennmuさんが選定された練習コースに向かいます。

120915aa.jpg

いよいよ、練習コースに入ったようです。専務道場の始まりです。

120915b.jpg

先ずはペダリングについて。回すペダリングを身につけるため片足で走ります。これができません。5~6回は回せます。しかし疲れてくるのでしょう、直ぐに動きがぎごちなくなり踏み込むときにチェーンがカッシャンカッシャン音を立てる始末。こりゃダメだ。

続いて、脚の筋肉を使い分ける走り方やダンシング、そしてエアロポジションの取り方等を教えて頂きます。練習で肝心なことは速く走るのではなく、常にペダリング・ポジション・使っている筋肉を意識して、じっくり走ることだそうです。確かに、特に自分などは速く走ろうとすると、しっちゃかめっちゃかになっちゃいます。

120915c.jpg

さて、コースを周回し、座学で覚えたことを実践しましょう。ややっ!最初と比べて坂を駆け上がった後の疲労度が軽いですか?そんな簡単な訳ありませんよね。単にじっくり走ったからでしょう。

休憩タイムです。ここで、sennmuさんから貴重なアドバイスを頂きました。自分は上半身が使えていないそうです。確かにその通りで、サドルにドカッと座りペダルをこぐ、いわゆるママチャリ乗りをしていますね。

120915d.jpg

こうして、一つ一つチェックすると、改めて自分がど素人であることに気付かされます。この後、皆さんはゴールスプリントの練習を行うそうですが、自分は野暮用で早退です。ますます差がひらくな~。明日からは、少しでもど素人からの脱出を目指しコソ練です(笑)
sennmuさん、それから一緒に走ってくれた皆さん、どうもありがとうございました。


ランキングに参加しています。クリックして頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村

カード決済の落とし穴

皆さん、おはようございます。まだ外は暗いですね。今朝は春日井で朝練があるのですが、現在、名古屋はちょっとパラパラと雨が落ちています。微妙だなぁ。まだ少し早いので、ギリギリまで様子を見ることとしますが、その間、先日経験したオンラインショッピングでの小トラブルを紹介します。

話は遡ること3日前、「GENTOS・閃 SG-355B」をAmazonで注文したところ、折り返し、auto-confirm@から確認のメールが来ました。

「Amazon.co.jpにご注文いただきありがとうございます。ご注文内容は以下のとおりです。…」

ここまではいつものとおりで問題ありません。ところが、その15分後、今度は、payments-update@から次のメールが来ます。

「ご注文のお支払いにご指定の ****カード (有効期限: ****/**)は、現在のところ、クレジットカード会社からの認証が得られておりません。…お手数ですが、現在ご利用のクレジットカード会社に直接お問い合わせください。…クレジットカード情報に問題が無いことがご確認いただけた場合、以下の方法でクレジットカード情報の更新ができます。…」

イヤイヤイヤ!それはないだろう。
このカードは既に1年以上もAmazonに登録して使っているカードで、つい先日も買い物をしたばかりですから「認証が得えられない」はずはありません。

そうは言っても、夜間のためカード会社に直接問い合わせることも出来ません。
そこで、クレジットカード情報に問題が無いことは確認出来てませんが、再度Amazonにサインインしカード情報等について何も変更せず、そのまま「支払い方法を変更する」のボタンをクリックしたところ、order-update@から次のメールが来ます。

「ご注文(注文番号:****)のお支払い情報が変更されました」

これは、想定の範囲内。夜中に打てる手はここまでです。
その後は、長い夜の間、「まさか、データが流出して他人にカードが使われたんじゃないだろうな…」と、いや~な妄想が広がり、朝まで悶々とします。

おじさんは今夜も憂鬱です(笑)

支払い方法を変更して(実際には何も変更していない)9時間後の翌朝、待望のメールがship-confirm@から届きました。

「お客様からご注文いただいた商品を本日発送いたしました。」

やれやれです。結局、「認証が得られなかった」原因は不明のままですが、とりあえずひと安心です。「GENTOS・閃 SG-355B」も無事に届きました。

120915a.jpg

オンラインショッピングは便利ですが、カード関係でトラブルが発生したら目も当てられません。今回は、とりあえず問題は発生しなかったので良しとしましょう。


残高不足だったんじゃねえの?と疑っている方も(笑)、クリックして頂ければ嬉しいです。


にほんブログ村

GENTOS閃 危うし!

皆さん、おはようございます。朝夕はめっきり涼しくなると共に、日の出も遅くなってきましたね。

さて、自分はブルべはもちろん、ジテ通にも縁がありませんので、今まで、暗い中を走ることもなく、PINARELLOには尾灯だけで、前照灯は付けていませんでした。

しかし、このたび「今度の土曜日の集合は6時」と声をかけて頂いたので、我が家からは暗いうちに出発しなければいけません。

暗い中、無灯火で走るわけにはいきません。ということで、いまさらながら前照灯を購入しようと検討します。

皆さんのブログを拝見すると、明るさとコンパクトさなら、一部のブロガーの間で暴力ライトと呼ばれている「YEZL Z1X Cree XM-L T6」が凄そうなのですが、残念ながら入手困難らしいです。

明るさだけなら、簡単に手に入るものでは「キャットアイ HL-EL540 エコノムフォース」も良さそうです。

でも、自分の用途は日の出前の、せいぜい30分位だけなので、本体の大きなHL-EL540ではちょっと過大な気がします。また、電源が単三で、尾灯の単四と異なるのも辛いです。

そこで浮上したのが、いまさらですが、一時、一世を風靡した?GENTOS閃 355です。お値段も2,315円と財布に優しいし(^_^;)

ということで土曜日の朝練に間に合うように、先程、amazonで注文しました。これからはトンネルのあるルートも走れます。

これでメデタシメデタシ、のはずだったのですが、amazonからとんでもないメールがとどきました。

「ご注文のお支払いにご指定のカードは、現在のところ、クレジットカード会社からの認証が得られておりません。」

そんなバカな!つい先日まで使えていたじゃん。いつもの自宅のPCからじゃなく、スマホで注文したのがいけなかったのかな?そんなことはないですよね。

果たして、土曜日の朝練までに間に合うのか?


今まで前照灯なかったのが信じられない!という方もクリックして頂けると嬉しいです。


にほんブログ村

犯人はおまえだ!

皆さん、おはようございます。今日はまだ月曜日ですが今週末は3連休の方も多いのではないでしょうか。今のところ、天気もなんとか良さそうなのでどこに行こうかと想像するだけで楽しい一週間になりそうです。

さて、土曜日に皆さんと一緒に走っていたとき、かのsennmuさんに「ローギアに入れたとき、リアディレイラーがローギア側に寄り過ぎていて、スポークと干渉しそうだよ。トルクがかかったりして少したわんだりすると、スポークがリアディレイラーを引っかけて破損しちゃうから調整した方が良いよ。」と丁寧に教えて頂きました。

そこで、帰宅後じっくり確認すると、確かにリアディレイラーのインナー・プーリープレートとスポークの隙間は1mmもないくらいです。

120910c.jpg

これは一刻も早く直さないといけません。家の用事を済ませた昼過ぎ、早速、自転車屋さんで整備してもらうこととしました。

前回、リアディレイラーを破損したときに直してもらったのは、自分がPINARELLOを購入した店ですが、そのリアディレイラーの調整に疑問があるわけですから、もう一度、その店に持ち込んでも、何となく気持ちがスッキリしないかもしれません。

そこで、技術力には定評のあり、自分が一緒に走って頂いているメンバーの皆さんが自転車を購入している「ニコー」さんに持ち込むこととしました。しかし、自分は一見の客なわけですから少々敷居が高いです。

「すみませ〜ん。ちょっといいですか?」
って、宗教の勧誘かい!(笑)

事情を説明するとにこやかに「分かりました。早速見てみましょう」と言って頂き、自分のPINARELLOを作業用のスタンドにセットして、カシャンカシャンとシフトして様子を見ています。

「分かりましたよ。正確に計ってみましょう。」と言ってディレイラーを取り外し、そこにゲージを取り付けています。

120910a.jpg

「ねっ!ホイールの下端に対して上端では隙間ができるでしょ。つまりディレイラーの取り付け面がホイールの軸に対して垂直じゃなく、下に行く程、内側に傾いているんですね。簡単に言えばディレイラーハンガーが内側に曲がっているんですよ。」

「ディレイラーハンガーが内側に曲がっているから、ローギアに入れたとき、リアディレイラーがスポークに近づき過ぎちゃうんですよ。」

その一言で、全てが分かりました。前回、リアディレイラーを直した後、自分は雨沢峠のゴール地点で右側に立ちゴケしているんですね(参照「はじめてのトレイン」(7/9))。このとき、ディレイラーハンガーが内側に曲がったのでしょう。前回、リアディレイラーを直してもらった店は、きちんと直してくれていたんですね。

ここまで理解したとき、前回のディレイラーハンガーが千切れた原因(参照「戸越峠の悪夢」(5/6))も明らかになりました。恥ずかしながら、この直前にも右側に立ちゴケしているんですね。

sennmuさんのご指摘通りでした。チェーンがロックして引きちぎられたのではなく、スポークがリアディレイラーを引っかけて引きちぎられたのでした。さすがsennmuさん、慧眼です。

さて、話をニコーさん戻すと、ディレイラーハンガーの曲がりを直した後、「ホイールも少し振れが出てるから、直しておきますね。」と併せて整備してくれました。

120910b.jpg

さて、気になる修理代ですが、プロショップに一見の客が持ち込みでお願いしたのですから、内心「高いかも」と心配していたのですが、なんと驚きの1500円でした。整備中、色々教えてもらえたし、自分の感覚としてはとても安く感じました。ニコーさん、ありがとうございました。

結局、全ての犯人?は自分でした(笑)

前回、リアディレイラーを直してもらった店を疑いごめんなさい。これほどディレイラーハンガーがデリケートなものだという知識がなかったため、右側に立ちゴケした後も気にせずそのまま乗っていた自分が悪かったのでした。


このくらい常識だぜ!と言われる方も、クリックして頂ければ嬉しいです。


にほんブログ村

下見ライド後編(パンク神降臨)

皆さん、おはようございます。本日は昨日の(コメント内での)予告通り、下見ライドの後編です。はじまりはじまり~


・・・あとは高森山公園の周回と森林公園の周回(後半)です。Toymeenaさんを先頭にsennmuさん、自分と続きます。苦労して上った坂を駆け下りる爽快感。

パーン!!!

何だ何だ。Toymeenaさんの後輪がぺしゃんこです。自分はクロスバイクを含めれば約1年間自転車に乗ってきましたが、リアルにパンクを目撃したのは初めてです。でも、皆さんのレベルならばパンク修理くらいお手のものだろうと思い後学のために見学してました。

120908b.jpg

Toymeenaさんはチューブレスタイヤだったようですが応急処置としてチューブ入れちゃうようです。この辺は自分はよく理解できてませんが、とにかくチューブを入れていよいよ膨らますときに、誰からともなく「ここでパーンとなってみんなが逃げまどうから写真を撮っておこう」と冗談を言いながらCO2をバシュッと充填した瞬間、

パーン!!!

タイヤのトレッド内にワイヤ片みたいなのが残っていたようです。
あまりの間の悪さに皆さんちょっと・・・です。そうは言っても5人もいますから、替えチューブだってCO2ボンベだってたくさんあります。1回2回パンクしたって安心・・・だったはずなのですが・・・

皆さん、マジになりました。1本のタイヤを4人が取り囲んでいます。

120908c.jpg

次に装着したチューブはタイヤレバーで引っかけてしまったのでしょうか、フシュルルル~と空気が抜けていきます。

もう一度、トライしました。それでもうまくいきません。

「そういえばKTMさんの昨日と今日のカルタネタ、この状況を予知してたんじゃね?」(笑)

「呼び寄せたな」(笑)

残念なことにここでToymeenaさんギブアップ。でも、ご自宅が比較的近く優しい奥さんが回収車で迎えにきてくれるそうです。ある意味うらやましいです。

「これで奥さんに対して2年間は頭、上がらないな」(笑)

皆さん、明るくて楽しいです。こうじゃなくちゃいけませんね。

しかし、思わぬ時間をとられてしまったのも事実です。もともと早朝ライドの予定だったため、自分は10:00までに帰らないといけません。まっさんさんとは中水野でお別れし、残りの3人は「高森山周回コース」は割愛し、「森林公園周回コース」の後半を走りお開きとしました。

想定外の事態もありましたが、目的だったコースの下見としては「高森山周回コース」以外は確認できました。一緒に走って頂いた皆さん、どうもありがとうございました。残る「高森山周回コース」についても、近日中に「下見」したいと考えております。

120909map.jpg

最後におまけがつきました。
集合場所でsennmuさんとお別れした後、KTMさんと矢田川堤防を走っていたときのこと、10:00までは持つはずだった天気が崩れます。始めポツポツ位だったのですがみるみるうちに本降りとなり、全身濡れ鼠。家に帰ってヘルメットからシューズまで新聞紙を丸めたのを突っ込んで陰干しです。明日朝までに乾くかなぁ~

120908d.jpg


ランキングに参加しています。クリックして頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村

下見ライド前編(sennmu道場)

皆さん、こんにちは。今日は定光寺野外活動センターヒルクライムと近くの公園周回ライド(長いっ)に行ってきました。今回は本ブログに3名の方が初登場することと、ライド自体も疾風怒濤・波瀾万丈の様相を呈し、内容もやたらに盛りだくさんなので前・後編に分けて報告します。


8日(土)朝5時、空とレーダーで雨雲の動きを見ます。「うん、大丈夫。家に戻る予定の10時までは雨は降らない。」と確認し、矢田川堤防を走ります。呼びかけた自分がまさか遅れるわけにはいきませんから、集合時間は6:30ですが余裕を持って6:00に到着です。

早くも6:05頃、ブログ「ダジャレでGO!」のまっさんさんが到着です。ガーミンのジャージからのぞく体つきがいかにも剛脚そうです。まっさんさんとはこれまでもお互いのブログのコメント欄でやり取りをさせて頂いていますが、直接お会いするのは初めてです。「ダジャレ・・・」の語感からどんなおじさんかと期待していたら、無茶苦茶イケメンじゃないですか。歳も自分より一回り以上も若いし。

お次に登場したのは、先日自分のブログにコメント頂いた柴犬ライダーさんです。柴犬ライダーさんともお会いするのは初めてですが、かわいい柴犬を連れていらっしゃったので直ぐに分かりました。今日は残念ながら見送りだけということですが、また、今度、ご一緒してください。

そうこうしていると、ブログ「Another Road with CRR」のToymeenaさんが到着です。相変わらず青のDE ROSAがおしゃれです。今日は道案内、よろしくお願いします。

6:30少し前、ブログ「それでも強く生きて行く」のKTMさんと、噂に名高いKTMさんのお師匠sennmuさんが一緒に登場です。sennmuさんとは初めてお会いしたのですが、いかにも信頼できそうな指導者という雰囲気です。

さて、全員集合しました。

120908a.jpg

定刻通り出発です。愛知県森林公園を半時計方向に回ります。って、皆さん、なんでそんなに早いの~。最初の50mで軽く千切られました。

今日は下見だからねっ!しかし、自分は軽い勾配でも上りになると一気に遅くなるのが改めて認識させられました。

愛知環状線のガードをくぐればいよいよ定光寺野外活動センターヒルクライムの始まりです。
最初から11%って何ですか?ここでまっさんさんがアタックをかけます。なんで、11%の上りでアタックかけられるの(笑)

120908e.jpg

自分はといえばあっという間に一人旅です。インナーローです。ここで、あまりの貧脚を見かねたのでしょう。sennmuさんがつきっきりでコーチしてくれます。しかし、生まれて初めての11%登坂に息も絶え絶えの自分は、耳が悪いこともありsennmuさんのアドバイスが良く聞こえません。そんなこんなで死にそうになりながらも11%区間を終了した時点でsennmuさんから停止するように指示が出ました。

sennmuさんは、つかつかと近づいてくるや自分のPINARELLO FP DUEの後輪を外したり填めたりなにやら首をかしげているではありませんか。

あまりの出来の悪さに「おまえにロードバイクなど勿体ない」と言われるのかと思いきや、「リアディレイラーがローギアより内側に入っている。調整した方がよい。スポークと干渉してまた、ディレイラーハンガーが千切れるぞ。今日はローギアは封印!」と教えて頂きました。

えぇっ!短い指摘事項の中に重大なことが山盛りです。調整の件は後回しにして、とにかく今日はローギア封印ですか。これはこれで泣けますが(笑)

それにしても、sennmuさん。自分の過去の記事も読んで頂いていたのですね。感激です。ディレイラーハンガーが千切れた原因と理屈も自分の解釈が間違っていたことを教えて頂きありがとうございました。sennmuさんの指摘されたことはライド後、早速、バイクを持ち込んだプロショップ(買ったところじゃないよ)のメカニックの説明でも裏付けられました。

話は戻って、そこから上の区間は勾配もやや緩くなりました。って言っても8%前後です。自分にとっては壁です。sennmuさんは相変わらず併走して坂の上り方を教えてくれます。

「サドルの後方に座るときは半分お尻がはみ出るくらいに!」
「ほらほら、座る位置が下がってきた。もっと前、前!」
「上半身に力が入りすぎているぞっ!」

なんだかんだで、8%区間も登り切ると尾根にでたのでしょうか、2~3%のアップダウン区間になりました。先ほどまでの反動で緩く感じます。だから坂を上る練習をしないといけないんだなぁ。

頂上の森林交流館の入り口で皆さんが待っていてくれました。いや~、今回も待たせてしまいました。それでも、今日の最難関はこれでクリアしたので、あとは高森山公園の周回と森林公園の周回(後半)です。Toymeenaさんを先頭にsennmuさん、自分と続きます。苦労して上った坂を駆け下りる爽快感。

そのとき、事件は起こったのです。(後半に続く)


勿体ぶるんじゃないよ!と言う方も、クリックして頂ければ嬉しいです。


にほんブログ村

明日の朝のコース図だよ!

皆さん、こんばんは。明日の朝、自転車に乗れるかどうか雨雲の動きを見ているのですが、前線性の天気は雲が沸いて出てくるので素人には全然読めないですね。

さて、明日は新しい練習コースの下見ライドです。先日のお知らせに対して皆さんから「しかたないな、一緒に走ってあげよう」とおっしゃっていただき心強い限りです。ありがとうございます。

よろしければ、sennmuさん、指導員として是非参加していただけませんか?柴犬ライダーさんもゲストとしてどうでしょうか?何も出ませんが(笑)
始めは「下見ライドなんて自分一人かな」と思ってたので、先日の時点でご招待せず申し訳ありませんでした。

ということで、週末になりようやくPCを使った更新ができるので、大会要綱をUPさせていただきます。(大会かい!(爆))


大会名称 定光寺野外活動センターヒルクライムと近くの公園周回ライド
実施期日 平成24年9月8日(土)6:30~8:30
実施場所 愛知県森林公園と定光寺野外活動センター及び高森山公園
参加資格 本コースを完走できる人(自分、大丈夫か?(笑))
集合場所 ローソン(交差点「森林公園」の南150mにあるらしい)
集合時間 6:30
中止条件 8日(土)5:00時点で雨が降っている場合、中止
走路予定 森林公園周回路の前半>定光寺野外活動センターヒルクライム>高森山公園周回路を一周>森林公園周回の後半
走行距離 約33km
獲得標高 約480m

120907a.jpg

よくある質問
Q 飛び込み参加したいのですが?
A 大歓迎です。緩~い集まりですから、集合場所に来ていただいても、途中で合流(離脱)していただいても何でもOK。

Q 集合時間に遅れそうなんですが・・・
A 集合時間に間に合わない方は、コースを逆回り(右回り)していただければ、どこかですれ違えるはずです。一緒に走りましょう。

Q 中止の場合、連絡して欲しいのですが・・・
A 中止の場合、当日の朝5:00に本ブログ(タイトル)上でその旨UPするとともに、既に参加を表明されている方々に対しては、それぞれの携帯宛に中止の旨のメールを入れさせていただきます。なお、雨天のため中止した場合、自分は、再度、9日(日)に全く同じライドを行う予定です。

Q 距離も標高も少なすぎる。もっと走らんかい!
A え~、時間と脚に余裕のある方は、所定のコースを一周した後、参加メンバー同士でお誘い合わせする等していただき、裏三国でも明智でも行っちゃって下さい。中水野から一本道だよ~


前日夜に要綱UPなんて遅すぎる!とお怒りの方は、お叱りのクリックを(笑)


にほんブログ村

新しいコースの下見に行くよ

皆さん、おはようございます。不思議なもので、自転車に乗りたいな、と言う気持ちにも周期があるのでしょうか?先週から今週にかけて妙に乗りたい気持ちが高まっています。

さて、新しい朝練(と言う名前のサイクリング)コースを検討していると公表したところ、sennmuさん、Toymeenaさん、柴犬ライダーの皆さんからいろいろな情報、アドバイスを頂きました。どうもありがとうございました。

そこで早速、皆さんからのお薦めコースを地図上に引いていたら、なんということでしょう、全てのコースが一筆書きのように繋がるではありませんか。

メイン会場は、①愛知県森林公園周回コース、②定光寺野外活動センターヒルクライムコース、③高森山公園周回コースの3つですが、これらのコースが全て瀬戸街道の三郷交差点からスタートできるのです。

つまり、三郷交差点を北上すると、直ぐ愛知県森林公園周回コースに入り、この周回コースの北東角を右に逸れて中水野駅から北上すれば定光寺野外活動センターヒルクライムコースに入れます。一方、愛知県森林公園を突き抜けて庄内川を渡り、航空自衛隊高蔵寺分屯基地の東側を北上すれば高森山公園の周回コースになります。

これなら、その日の気分と帰らなければいけない時間に合わせてコースを選んだり、周回コースをぐるんぐるん回ったり出来ます。

さらに、さらに魅力的なのは、スタート地点が瀬戸街道の三郷交差点なので、瀬戸街道でアプローチしても良いのですが、八草コースの復路である矢田川の堤防道路からアプローチすることも出来るのです。これなら自動車も怖くありません。

地図で見る限りとても良さそうな気がしてきました。あとは実際に走って試してみるだけです。自分の朝練コースとしてはきつすぎないかな?

早速、今度の土曜日に行ってくることとしましょう。

業務連絡
土曜日の早朝、新コース「森林公園周回コース」(気が向いたらヒルクライムコースも)の下見に行く予定です。平日は携帯で更新してるので、申し訳ありませんがコース図のUPは出来ませんm(_ _)m
モリゾーさんKTMさんトモロッチさんToymeenaさん、もしよろしければ一緒に走りませんか?ただし、あくまでも下見ですよ(笑)
自分は森林公園交差点の50m位南にあるローソンに6:30頃に着くつもりです。


コース紹介なら地図くらい載せろよ!と突っ込まれた方も、クリックして頂ければ嬉しいです。


にほんブログ村

新しいコースを試してみたが

皆さん、おはようござます。ロードバイクに乗るようになると、100kmは日常、200kmはザラ・・・という距離感になっていくようですが(「自転車で遠くへ行きたい。」米津一成 著)、自分はまだまだ普通の人ですから(笑)、だいたい50kmまでが日常です。

さて、自分の朝練コースである八草コースはこれからの季節、一部区間で逆光が辛いので新しいコースを開拓しようと、庄内川沿いを守山区から瀬戸市に向け走ってきました。
そうです。7月末に、春日井げんき倶楽部のイベント“ツール・ド・春日井(周辺)”で走ったコースのバリエーションです。

120902g.jpg

先ずは県道30号を北上します。砂田橋の交差点から先は、鉄道とバスの利点を組み合わせたガイドウェイバス「ゆとりーとライン」の下を走ればよいので道に迷う心配はありません

120902a.jpg

しかし、いきなり大誤算。県道30号には路側帯がない上、守山の交差点から名古屋第二環状自動車道と交差する手前までは大型トレーラーが隊列を組んで走っています。運転マナーは非常に良いのですが、それでもやっぱり怖いです。

120902b.jpg

国道155号に入ると左手に庄内川が見え、いよいよ瀬戸市に入ります。愛知環状鉄道線の鉄橋が見えます。

120902d.jpg

155号をさらに南下します。ここでコースミス。本郷町の交差点を左折し、道の駅「瀬戸しなの」に向かえば良かったようですが、直進して、さらにその先で155号から外れ県道210号に入ったため、上水野町の交差点まで住宅街の中の狭い道を走ることになりました。

120902e.jpg

それでも、上水野町の交差点から南下すれば瀬戸市街です。これでいつもの八草コースの復路となり、後は瀬戸川、矢田川の堤防道路を西に向かうだけです。

120902f.jpg

ということで、このコースを実際に走ってみた感想は、県道30号が大型トレーラーのルートとなっていることが致命的で、ちょっと朝練コースとしては問題有りでした。

まあ、逆光問題は走る時間の調整でも解決できますし、ゆっくり検討していきましょう。 


ランキングに参加しています。クリックして頂ければ嬉しいです。 


にほんブログ村

初めての二之瀬越

皆さん、おはようございます。昨日、初めて二之瀬越を上ってきたので、予告通り報告させて頂きます。それでは、はじまりはじまり~

木曜日、KTMさんのブログ「それでも強く生きて行く」を拝見していたら、突然「土曜日、二之瀬峠へでかけるよ!」との業務連絡が目に飛び込んできました。

二之瀬越。

名古屋でロードバイクに乗っていたら、雨沢峠と同様にいつかは上らなければならない峠ですよね。このお誘いは天の声だな。これを機に二之瀬越デビューしましょう。

土曜日は家の用事が入ってるけど昼前に戻れば何とかなるので「是非、参加させてください。ただしトランポします」と返事しましたが、悶々とする日々が始まりました。

向かいの山腹に斜め上方に伸びるガードレールの白いライン。皆さんのブログで良く拝見させて頂く二之瀬越の写真です。あれを上るのか?不安でおじさんは今夜も憂鬱です(笑)

いよいよ土曜日の朝です。他のメンバーは名古屋から自走されると聞いていますが、自分は一人だけ道の駅「月見の里 南濃」までトランポです。やむを得ないとは言え、何かちょっと後ろめたい気持ちになります。

120901a.jpg

8時頃、皆さんと無事合流しました。今回のメンバーは、呼びかけ人のKTMさんをはじめ、モリゾーさん、tomorocchiさん、そしてtoymeenaさんと既に一緒に走ったことがある皆さんです。

上る山には雲が低くかかってるけど、天気大丈夫でしょうか?

120901b.jpg

二之瀬越TTのスタート地点と聞く巌神社です。皆さん、元気一杯です。只今、8:30、スタート。

120901c.jpg

自分より後からスタートした皆さんに追い越され、あっという間に一人旅です。

120901d.jpg

ブログで見た山腹の坂道が目の前に伸びています。トランポしたおかげて脚が動かないということはないのですが、いかんせん基本的に力がありません。8km/hr前後でヨロヨロ上ります。次々とローディーに抜かれます。すれ違うローディーに励まされても頷くのが精一杯です。

お地蔵さんの手前だったでしょうか?向かいの山腹に伸びるラインがやたら急に見えたときは思わず最後の1枚、インナーローに落としてしまいました。

お地蔵さんを通り過ぎ、カーブを2、3クリアした後でしょうか、それまで山の北斜面を上っていた道が南に向きを変え、明らかに尾根を横断し始めたのが分かりました。

もうじき頂上だ!と思う間もなく、皆さんが出迎えてくれました。ごぉぉぉ~る。

120901e.jpg

ベンチにへたりこみ時計を見ると9:06。ということはタイムは36分ですか。もちろんメンバーの中で、それも一人だけトランポしておきながら最遅ですが気にしません。これが今の自分の実力です。

ふと気付けばいつの間にか雲は消えてます。そろそろ戻らなければいけません。上る途中に横目で眺めていた湧水でリフレッシュです。

120901f.jpg

後は安全運転で降りるだけ。月見の里に戻ってきました。お互いの無事帰還を祈念し、ここで皆さんとお別れです。

以上、初めての二之瀬越挑戦は、とりあえずクリア!ということにしておきましょう。


一人だけトランポしてズル~イと思った方もクリックして頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村

二之瀬越えに行ってくるよ

皆さん、おはようございます。今朝は「それでも強く生きて行く」のKTMさんからお誘いを受け、二之瀬越えに行くのですが、出発までに時間がありますので、少しだけ。

自分が自転車に興味を持ち始めたのは名古屋在住のR氏のブログを見かけたのがきっかけでした。R氏のブログは、2008年にクロスバイクのポタリングから始まり、翌年ロードバイクにステップアップし、名古屋近辺のメジャーなところにはほとんど上り、ブルベに挑戦しSRになるまでの様子がリアルタイムで綴られており、ワクワクしながら読んだものでした。

R氏のブログは、その後、R氏が脱サラして自分の店を始められたので、自転車に乗る時間が無くなってしまったのでしょう、残念なことに2011年に中断されてしまいましたが、二之瀬越えもその中に「【初】二之瀬ピストン (2008/11/24)」として出てきます。

やはりSRになるような人は違いますね。始めての二之瀬越えでピストンしてきたんですよ。(行って戻ってまた行って・・・2回上ることらしい)

そんな人でも初二之瀬は

「・・コツは「心が折れないこと」ですって。10回は折れました(笑)」、

「何度「来なきゃよかった・・・」と思ったことか・・・」、

「あっという間にちぎられた私の目標。「一度も足をつかずにゴールまで登りきること!」」

とあります。まあ、諧謔でしょうが。

それにしても、二之瀬越え、いったいどんな上りだろう。そろそろ出発時間です。報告は明日UPの予定。刮目して待て(笑)

それじゃ、行ってきま~す。


にほんブログ村