おじさんは今夜も憂鬱

ロードバイクを購入してしまった五十路過ぎのおじさんの悩み尽きない日々!

スポンサーサイト

Posted by ayu

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

走り納めと大掃除!

皆さん、こんにちは。いよいよ今年も大晦日、愛車の大掃除はお済みでしょうか(笑)

さて、今朝は今年の走り納めということで、この一年お世話?になった、八草コースを走ってきました。いつも日の出前後は、せいぜい微風のなのですが、今朝はけっこうな北~西風だったので、矢田川堤防では罰ゲーム状態でした(^ ^;)

帰宅しました。今年はもう走りませんから愛車を綺麗にしてあげましょう。ということで、初めてのカセットスプロケットの分解清掃に挑戦です。昨日のうちにニコーさんで購入しておいたフリーホイール外しを、購入したときに教えてもらったとおり、えいっ!と回せばあっけなく外せました。

121231o.jpg

ここからが問題です。ときどきブログで“戻すのに苦労した”とか聞くので、慎重に分解し、順番に並べて写真を撮っておきます。これで、大丈夫。

121231p.jpg

ディグリーザーをしみこませたペーパータオルで一つずつ綺麗にして、また元通りに戻します。これまでは、1ヶ月に一度、ホイールにつけたまま掃除しているだけでしたが、思ったより汚れてませんでした。分解清掃は一年に一度で良いかな?

121231q.jpg

先に洗っておいたチェーンをセットして注油します。さすがにこの作業は自分の部屋の中ではやりたくないのでガレージで行ったところ、寒さのせいでオイルが凝固してしまいました(◎_◎;)部屋の中に入れて、しっかりチェーン内部まで染み込ませることとしましょう。

121231r.jpg

愛車の大掃除も終わりましたので、この一年の走行距離を確認してみます。おぉっ!4月にロードバイクに乗り始めてからの累積走行距離が、ちょうど2,600kmになりました。走っている方に比べたら微々たるものでしょうが、自分としてはSHOROsメンバーをはじめ、皆さんのおかげで楽しく乗り続けることができたと思っています。この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。

来年もよろしくっ!


にほんブログ村

スポンサーサイト

近所の坂でポタリング

皆さん、おはようございます。今日はSHOROsの“年末城めぐりライド”だったのですが、路面もビショビショだし、この後の降水確率も70~90%なので、先程、特攻隊長モリゾーさんから中止の指令が出ました。12月末にしちゃ暖かかったので残念でしたが、また来年と言うことで。

さて、仕事は休みに入ったのですが、家庭では、これでなかなか多忙なおじさんです。しかし、昨日は昼頃まで快晴微風だったので、家事の合間に少しだけ走ってきました。近所の平和公園です。

時間の関係もあったので、先日のまっさんさんの(朝練?)を真似をして、坂道を上ったり下りたりして遊びました。といっても、たいした坂じゃありませんよ(笑)

先ずは、東明町の15%の坂です。昨年、クロスバイクで来て懲りて、その後、二度と来なかったのですが、今回は、インナーに入れれば、距離が短いこともあり、どうということもなく上れました。今年一年の成果かな?

121230a.jpg

そのまま進むと、猫ヶ洞池の西側の7%の坂です。このあたりで勾配が表示された標識って始めて見ましたよ。ここは先程より、少し距離があります。

121230b.jpg

この他にも、短いけどけっこう急勾配の坂をいろいろ見つけました。少ししか時間がとれないときは、このあたりを走るのも面白いですが、住宅街ですので、ジャージ、レーパンで走るのはちょっと抵抗があり、昨日は普段着で走りました。

10km少々だったので、普通のジーパンでもなんとか大丈夫でしたが、上半身は汗でぐっしょりという感じです。まじめに走れば、案外、練習にもなりそうですし、上半身だけでも着替えなくちゃダメですね。


ロード乗るならレーパンだろ!という方も、クリックして頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村

予算ギリギリでも大丈夫!

皆さん、おはようございます。おや、セディナからの請求書ですか。えぇ〜っ!新年早々、¥57,000引き落としぃぃぃ!

さて、4月にロードバイクを購入して以来、走るための必要最小限で、機能的に十分であれば安価な製品しか購入しなかったつもりですが、最初の一年間にどの位、お金が必要だったのでしょう。年末でもありますし、これからロードバイクの購入を考えている方の参考になればと、まとめてみますね。

4月 グローブ(夏) ¥2,310
5月 ビブパンツ(夏) ¥12,596
5月 レッグカバー(夏) ¥5,600
6月 ジャージ(夏) ¥8,587
7月 アイウェア ¥2,980
9月 フロントライト ¥2,315
10月 テールライト ¥1,764
11月 ジャージ(冬)¥11,760
11月 ビブタイツ(冬)¥15,341
12月 グローブ(冬)¥6,821
12月 シューズカバー ¥6,362

合計で約、¥76,000ですね。

これが常識的な装備を最低限、揃えた場合に必要な経費です。ただし、自分の場合、ペダル、シューズ、ディスプレイスタンドは、ロードバイクの購入時に合わせて購入し、ヘルメットとサイコンは、クロスバイクで使っていた物を、そのまま使っています。また、4月からしばらくはユニクロジャージで走っていました(笑)

実際には、コケて壊した場合の修理費とか、絶対に必要じゃないけど欲しい物とか出てきます。自分も、夏用ジャージはもう一着だけ購入しましたし、パンク修理用のチューブやチェーンオイル等も必要です。

でも、とりあえず、これからロードバイクの購入を考えている方は、バイクの他に、最初の一年間に必要な経費としては、¥100,000程度だと考えておけば良いのではないでしょうか。

しかし、ここが大事なのですが、これらの経費は、購入時期を分散することによって、¥20,000/月程度で済みます。したがって、最初にバイクを購入するとき、その後で必要となる経費のことは考えず、欲しいバイクが手持ちの予算ギリギリだったとしても、とにかく先ずはバイクを買ってしまうという手も十分ありだと思います。最初にバイクを購入するとき、多少、予算を残しておいても、どうせ、直ぐに無くなりますから(笑)

話は最初に戻りまして、今回、冬用品の購入時期の分散に失敗しました。その結果が新年早々の引き落としになって現れたのです。¥30,000/月のお小遣いでどうやって支払いましょうか(笑)


無責任に煽るなよ!と思った人も、クリックして頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村

走行中は自動撮影だ!(報告編)

皆さん、おはようございます。いよいよ今年も残すところあと僅か。片づけなければいけない仕事で大わらわのおじさんです。

さて、本日は、「走行中は自動撮影だ!」の報告編です。勿体を付けるつもりはありません。結論から報告します。失敗でした(笑)

カメラをミノウラのマウントでハンドルに固定し、インターバル撮影にセットして走り出します。

121223e.jpg

走行中もカメラはしっかり固定されており、グラつきません。撮影されたコマは画角も問題ありません。何がマズかったのか?

そうです。ブレです。ご存じの方も多いと思いますが、写真のブレには被写体ブレとカメラブレがあります。被写体ブレとは、被写体の動きがシャッタースピードよりも速くブレてしまう現象です。これに対してカメラブレとは、シャッターを切る瞬間にカメラが動くと、写真の写りがぼけたり流れたりしてしまうことです。

今回、信号待ちで自転車が止まっているときに撮影されたコマはきれいに撮れていました。

121225c.jpg

しかし、走行中に撮影されたコマは、路面が相当程度滑らかであっても、自転車からの振動がハンドルを通してカメラに伝わったため、見事に?ブレていました。Web上だとブレているのが分かり辛いかな?

121225b.jpg

121225a.jpg

残念ですがこれでは使い物になりません。Caplio R8には手ぶれ防止機能も付いているのですが、今回、走行中のハンドルに固定したことによるブレは回避できませんでした。

同じ走行中でも手で構えて撮影すれば高い確率でブレない写真が撮れることを考えると、いかに人間の能力が高いか思い知らされた実験でした。


試さなくても分かりそうなものだけど!と思った方も、クリックして頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村

初めてチューブを交換したよ

皆さん、おはようございます。Xmasが終われば今年も後一週間。年取ると一年が早いですなぁ(笑)

さて、昨日、始めてのパンクを経験しました。幸いなことにスローパンクチャーだったのと、パンクに気づいたのが家から10km程のところだったので、応急的にエアを補充しただけで、そのまま走って家まで戻ってきました。

皆さんでしたら、その場でチューブ交換して、また走り続けるのでしょうが、何しろ始めてのチューブ交換なので、この寒空の下、路上で行ってもろくなことにはならないと考えたのです。

家に戻って早速、チューブ交換に初挑戦です。暖かな自分の部屋の中でのんびり行うのですから失敗するわけにはいきません。

121226a.jpg

ついでにタイヤの減り具合をまじまじと確認します。スリック状になっていますが、一般に交換時期だと言われる台形にはなっていないようです。まだ8ヶ月、2,500kmしか乗っていないので、春までは大丈夫ということにしておきましょう。

121226b.jpg

タイヤレバーを2枚使って、ようやくタイヤが外れました。タイヤを外すのは指というか握力が必要なんですね。ひ弱なおじさんは指に血豆ができてしまいました。これに対してチューブを引きずり出すのは簡単です。
これが新車にセットされていたチューブですか。台湾産ですな。

121226d.jpg

替わりに、昨年、クロスバイクに乗っていたときに買っておいたチューブを入れます。チューブに少し空気を入れてからタイヤの中に入れます。チューブがタイヤとリムで挟まれないように揉み揉みしながら、チューブ毎、タイヤをリムにはめ込めば完成です。

んっ!バルブが短い!

121226e.jpg

これではフロアポンプの口金が、しっかりセットできるか不安です。案の定、口金がリムに当たってしまいます。空気を入れてみましょう。スコスコスコ。7BARまではなんとか入りました。しかし、さらに一押しすると、口金がバルブからはじけ飛びました(泣)

まあ、ギリギリ7BARまでは入れることができるから、当面、これで乗ってみることとします。バルブの長さにも色々あるね、と感心するシロート丸出しのおじさんでした(笑)


ロングバルブに買い直した方がいいよ!と思った方も、クリックして頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村

スローパンクチャー

皆さん、おはようございます。今朝は冷え込みましたが、良い天気でしたね。

さて、昨日は朝練をサボってしまったので、今朝は6時前に起き、走る用意をします。先ずはタイヤに空気を入れます。自分はいつも乗る直前に7BARまで入れているのですが、一週間経つと6BAR位に減っていますね。

えっ!後輪がぺしゃんこです。子供がいたずらしたのかな?とりあえず7BARまで入れて少し様子を見てみます。特に空気が漏れている様子はありません。

大丈夫だろ、ということでいつもの八草コースを走り始めます。指先こそ冷たいですが、なかなか気持ち良く走れます。今日は祝日ですが月曜日だからでしょうか、車が多い気がします。お仕事ご苦労様です。

長久手のジャイアントストア名古屋店の前あたりなので、ちょうど10km程走った頃ですか。ん!小石に乗ったとき、後輪のリムに響く感じがします。信号待ちで止まったとき、指でタイヤを押してみます。少し凹むぞ。これは、もう6BARもありません。

121224a.jpg

やばい。ここから家に戻ることとしますが、当面の対応方針について、二つのパターンを比較します。

その1 直ぐにチューブ交換する … 寒空の中、できれば避けたいなぁ
その2 空気を補充しながら走る … なんとかいけるかな

ということで、手持ちのポンプを取り出します。携帯用の一番小さな、もう、おもちゃみたいなポンプです。バルブにグッと押し当てます。

プシュー ・・・

121224b.jpg

チューブの中に残っていた空気が全部抜けました。気を取り直してポンピングします。全然膨らむ気がしません。自分は短気です。え~い、やっとれるか。とCO2でボン!と一気に膨らませました。指で押してもパンパンで、大きく漏れている様子はありません。これで家まで位なら帰れそうです。

ということで朝練を予定の半分で切り上げて帰宅しました。いまから、ロードバイク買って始めてのチューブ交換に挑戦です。最初の経験が野外ではなく家でできるので、まあ、ラッキーだったということにしましょう。


最初の判断が甘い!と思った方も、クリックして頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村

走行中は自動撮影だ!

皆さん、おはようございます。世の中、Xmasで盛り上がっておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

さて、先日、「写真はブログの華だから!」で走行中に写真を安全に撮れないものだろうかとつぶやいたところ、チネオさんから「ミノウラの台座が楽チン」とのアドバイスを頂きました。

どれどれ、と確認したところチャチなものが多いカメラマウントの中でこれは金属製でしっかりしている感じです。このマウントとインターバル撮影機能の付いたカメラを用意すれば、走行中にフルオートで撮影できるはずです。早速、必要な機材を用意しましょう。

先ずは、ミノウラVC-100ワンタッチ脱着式カメラマウントを取り寄せます。愛車のハンドル径は30mmなのでサイズはMですね。¥1,463でした。

121223a.jpg

121223g.jpg

次はカメラ。最悪、落下等で壊しても諦めのつく程度のものということで、4年半前に発売されたリコーのCaplio R8です。中古で¥5,000で手に入ります。このCaplio R8には5秒~3時間の間で5秒単位で設定した時間間隔で自動的に撮影することができるインターバル撮影機能があるのです。

121223b.jpg

121223d.jpg

取り付けはアジャスターをハンドル径に合わせて、あとはクランプを閉じるだけ。透明ビニール製?の厚手のクッションテープが付属してるので、バーテープの上であれば完全に固定できます。

121223e.jpg

これでインターバル撮影モードにセットして走り出せば、走行技術が未熟な自分でもハンドルから手を離すことなく、走行中に自転車目線の写真が自動的に撮影できるはずです。

121223f.jpg

コンデジなら被写界深度はもともと深いのでピントは大丈夫でしょうし、構図もズームをワイド端にしておけば、後からトリミングで処理できそうです。唯一、気がかりなのが振動によりブレた写真しか撮れないかもしれないことですが、それはそのとき。結果は報告編をご期待下さい(笑)


そこまでして写真撮りたいか?と思った方も、クリックして頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村

ブルベに出たいけど…

皆さん、おはようございます。そろそろ今年の反省と来年の抱負について思いめぐらせている方も多いのではないでしょうか。

さて、SHOROsでも「来年はブルベに挑戦」という声が聞こえているのですが、自分も自転車を始めた時、いつかはブルベ!と考えたことを思い出しました。規定の距離を規定の条件で完走すると認定されるブルベ(BRM)は、他人と競争できる身体能力を持たないおじさんにとっては、唯一、結果を出すことの出来る競技に思えたからです。

もちろんターゲットはせいぜい200kmです。しかし、今年、実際にロードバイクに乗り始めて分かったことは、今の自分の力量では、平坦で無風ならともかく、峠超えや向かい風だったら、200kmを14時間で走りきることは無理だろうということです。そもそもこれまで最長でさえ約140kmしか走ったことがなく、その他に100km以上走ったことでさえ、わずか3回しかありません。

走る前からDNFでもいいやと考えて参加することは主催者に対して失礼でしょう。ということで、しっかり鍛えてから(自分比)、挑戦しようと考えているのですが、一方、この歳になると、確実に毎年、体力が低下します。鍛えることによる体力増強と老衰とのせめぎ合いです。なるべく早く挑戦しなければなりません。

結論。来年の抱負は「再来年にブルベに出るための体力づくり」にしようかな。ハードル低っ!

ところが、先日、まっさんさんがまとめてくれた2013年の全国ブルベ日程表(夢見る数字)を見ていたら、とんでもないことに気付いたのです。名古屋、中部の200kmはそれぞれ2月末と3月初頭じゃないですか。年によって多少前後しますが、まあ毎年だいたいこの頃です。一番寒い頃じゃないですか。雪だって降りますよ。日も短いし。

膝に爆弾抱えている老体にとってこれは厳しい。200kmは短いから厳しい気象条件をおまけに付けましょうということでしょうか?でも、関東などでは春や秋に開催される200kmも沢山ありますよね。う〜ん、困ったぞ。

ランドヌールクラブ名古屋さん、オダックスランドヌール中部さん、再来年の200kmを春か秋に開催しませんか(笑)


何、ヌルいこと言ってんの!と思った方も、クリックして頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村

写真はブログの華だから!

皆さん、おはようございます。自転車ブログに限らず写真の上手なブロガーの方、多勢いらっしゃいますね。

さて、自分も冬支度がようやく整ったのですが、ひとつ問題が生じました。それはグローブしたままでは写真が撮れないということです。

自分のグローブは冬用にしては薄手だとは思いますが、自分のカメラの電源を入れるためには、直径5mm程のボタンスイッチをボディー面から少し押し込む必要があるのです。

このため、冬用グローブをしたままでは、走りながらジャージのポケットからカメラを取り出すことも、シャッターをきることも出来るのですが、肝心の電源を入れることが出来ないのです。

もちろん止まっている時はグローブを外せば良いだけの話ですが、やっぱりみんなで走っている写真の1枚や2枚も欲しいじゃないですか。

先日のライドでも、どうしても多勢で走っている様子が写したかったので、走りながら、先ず、右手のグローブを外して、これを落とさないように左手でハンドルと一緒に持ち、その上で、右手でカメラをジャージのポケットから取り出して撮影しました。

しかし、ただでさえ下手な自分が走りながらこんな事してれば、運転が疎かになり、事故の元です。理想をいえば戦闘機のガンカメラみたいなのをバイクに付けたいのですが、格好いいのがありません。CATEYEのINOUという手もありますが、チョットねぇ…

ごついグローブでも操作し易くて手頃なカメラでも探してみようかな。


走りながら写真撮るんじゃない!とお叱りの方も、クリックして頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村

気の合う仲間と出会いたい!

皆さん、おはようございます。

さて、昨日はKTMさん主催による「第一回 亡走会 2012」が開催されました。ライドの模様はKTMさんを初めとする各ブロガーがアップすると思いますが、自分なりにまとめてみたいと思います。

今回のライドは、初顔合わせの方もいらっしゃるので、第2集合場所担当(^ ^;)の自分としては遅れるわけにはいきません。7:15に家を出ます。路面はまだ濡れていますが、土曜日の夜の雨もすっかり上がり青空が広がっています。12月半ばにしては暖かいです。せっかく履いてきたのですが、シューズカバーの耐寒テストにはなりませんね(笑)

7:30、「矢田川橋」左岸上流側に到着。

121217b.jpg

間もなく、皆さんも到着です。KTMさん、Toymeenaさん、トモロッチさん、まっさんさん、そしてsennmuさんといったいつものメンバーの他に、今日は始めてお会いする方も大勢です。CINELLIのチネオさん。Bianchiのrikiさん。SCOTTのパンイチさん。GIANTのきいちさん。そしてFELTのKTMの息子さん。なんと総勢11名のうち、初顔合わせの方が5名も!

まっさんさんとsennmuさんは、残念ながら、所用につき最後まではご一緒できませんが、残りの9人は道の駅「瀬戸しなの」に向かいます。自分はこのような大人数で走ったのは初めてですが、いや〜、隊列の長いこと。これは先頭は気を遣いますね。

121217d.jpg

その後、今回の発起人であるKTMさんがまさかのパンク!皆さんにブログネタまで提供してくれるきめ細やかな心配りが憎いです(笑)

121217c.jpg

な〜んてバカなことを考えながら走っていたら、前走者が信号で一時停止です。あっあっ!クリートが外れません。右側に倒れたら自動車の列。で、ハンドルきって思い切り左に立ちゴケしました。お恥ずかしい。まだまだドシロートの域から抜け出せませんな(^ ^;)

10:00、「瀬戸しなの」に到着です。ここで、犬山から駆けつけて来てくれたJinさんと、初めてお会いする瀬戸の住人さんが出迎えてくれました。感謝感激。いや〜、自転車始めて良かったです。

ここから愛知県森林公園に向かいます。北みずの坂の交差点で記念撮影。なんでここで(笑)

image.jpg

ここで、rikiさんとJinさんと自分は西に向かい、南に向かうその他の皆さんといったん別れます。そして、勝川に帰るため東谷山フルーツパーク駐車場のT字路で北に向かうrikiさんとお別れした後、先程、分かれた皆さんに合流するべくJinさんと一緒に南下したのですが、何を勘違いしたか、自分たちのが早く来ていると思いこみ、森林公園の交差点で皆さんを待ちます。5分くらい待ったでしょうか?きいちさんが来ました。「自分は道を調べていて遅れたけど、みんな先に行ったよ」

えぇ〜っ!追いつくべく飛ばします(自分比)。インターハイのスタート直後に落車して最後尾になった坂道くんの気持ちです。矢田川の堤防まで来ました。まだ追いつけません。きいちさんとはここでお別れです。

このときJinさんが前方を指差します。「見えた!」またまた飛ばします。向かい風がきついけど頑張ります。ようやく追いついた、と思った宮下橋北の交差点で無情にも信号が赤に変わります。またちぎれたぁ〜。で、稲葉橋でようやく追いつきました。

後はみんなでそろって矢田川堤防上を走ります。瑞鳳橋でToymeenaさんとお別れし、千代田橋ではチネオさんと自分が離脱します。皆さんはさらに西を目指します。気を付けてね〜

121217e.jpg

今回のライドは、走りを楽しむこともありますが、これまでブログ上でやりとりするだけだった方と、これから一緒に走るきっかけ作りが目的だったと思います。そういった意味で大成功だったのではないでしょうか。KTMさん、ありがとうございましたm(_ _)m


いつまで立ちゴケしてんの!と思った方も、クリックして頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村

PEARL IZUMIシューズカバーのサイズにもの申す!

皆さん、おはようございます。冬支度はもうお済みでしょうか。えっ!あたりまえ?はい、済みませんでした(笑)

さて、自分は、ロードバイクに乗り始めて迎えた初めての冬、ようやく冬支度が終わりました。そうです。昨夜、注文していたシューズカバーが届いたのです。パールイズミのウィンドブレーク ロード シューズカバー(0℃対応)です。

121215a.jpg

シューズカバーを注文するにあたって気になっていたのがサイズです。自分の靴はシマノサイズ40.0ですからセンチ換算すると25.2cmですね。パールイズミのシューズカバーサイズ表を見るとMが24~25.5cm、Lが26~27.5cmなので素直に従えばMですが、皆さんのブログを拝見すると「サイズ通りに買ったら小さ過ぎた。引っ張ったらちぎれた」などと物騒な記述が目立ちます。

シューズカバーはリアル店舗で試着というわけにもいかないでしょうからAmazonを利用したのですが、サイズが合わないので交換!なんて交渉は、気の小さいおじさんには無理です。真剣に悩みます。Lにしようか。結局、Mを購入しました。実際に履いてみましょう。

きっつい!破れそうじゃん。

121215b.jpg

パンパンに伸ばしてようやくファスナーを閉じることができました。

121215c.jpg

う~、これは何回も履いたり脱いだりしてるうちにきっと破れるな。ファスナーが壊れるな。Lにすれば良かった(泣)

それでもとにかく履けたので、いよいよ耐寒性能の確認です。メーカーの能書きによれば「厳冬期でも、暖かい。つま先は中綿で保温。」とありますが、やはり皆さんのブログを拝見すると「全然0℃対応じゃない。つま先が冷たい冷たい」などと、こちらも物騒な記述が目立ちます。それでも、パールイズミのシューズカバーについては0℃対応が一番低温用なのだからどうしようもありません。早速、実走して確認しましょう。12月15日(土)午前6時30分です。

えっ!雨じゃん。

121215d.jpg

う~、しょうがない。シューズカバーの耐寒テストは、明日のKTMさん主催の亡走会第一弾でぶっつけ本番ですることにしましょう。せめて耐寒性能だけは合格して欲しいものです。
おじさんは今夜も憂鬱です(笑)


人の言うこと聞かないから!と思った方も、クリックして頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村

追記
その後、しばらく履いていたら、1ヶ月もしないうちに、それ程、無理しなくても履けるようになりました。自分が慣れたこともあるのでしょうが、シューズカバー自体が伸びたんでしょうね。
ということで、パールイズミの指定サイズは適切でした。文句言って済みませんでしたm(_ _)m

年の瀬ライドのご案内(紹介)

皆さん、おはようございます。いよいよ忘年会のシーズンですな。今年も忘れたいことが多過ぎるおじさんです(笑)

さて、この度、我らがブロガーの星、KTMさんから、忘年会ならぬ亡走会の案内がありましたので、ここに紹介(転載)させて頂きます。

>今回はできれば、SHOROsの方々と、ayuさんや私にコメントをくださる方々も何人か集まってくださればうれしいと思っています。
>まず第一弾をを16日(日)の午前中、第二弾を22日(土)の午前中を考えております。

ということで、これまで拙ブログに、「一緒に走りましょう」とコメントを頂きながらも、なかなか都合が合わないなどでお会い出来ていない方、一緒に走れていない方、この機会にどうでしょうか?

ザッと思い浮かぶだけでも数名はおられますね。まことに申し訳ありません。自分のフォローの悪さに改めて反省です。

噂によれば第二弾は夜の部もあるとかないとか(笑)

詳細は、本日の「それでも強く生きて行く」をcheckしてね。

他人の企画紹介でブログ更新ですかぁ?と思った方も、クリックして頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村

止まったように走りたい!

皆さん、おはようございます。ロードバイクに求めているものは何ですか。早さですか?健康ですか?それとも楽しさでしょうか?自分は、それに加えて格好良さにもあこがれます。

さて、テラシロートだった自分もギガシロートになってきたのでしょうか、最近、走りながら自分のフォームが気になるようになってきました。

理想とするのは身近なところではSHOROsの師匠のsennmuさんです。真後ろから走っているところを見ると、上体と自転車がまるで一本の棒のように真っ直ぐ立っていて、微動だにしません。箱根学園の東堂くんみたいです。

クルクル回っている両足だけが動いていて、あとはまるで止まっているかのようです。

翻って自分は、フォームが…、なんていう以前のレベルです。ペダルを踏む度に上体がふらつきます。上体だけならまだしも、自転車自体もふらつきます。無駄な力が入っているのだろうなとは思うものの、ふらつかないように走るとママチャリ乗りになってしまい、上体が使えません。ケイデンスも遅々です。

もがいている訳じゃないのにフラフラするって、格好良さの対極ですね(笑)

格好なんて気にするな!と思った方も、クリックして頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村

冬はつとめて

皆さん、おはようございます。今朝は名古屋でも雪が積もりました。冬の間、どうやって過ごしますか?実走ですか、ローラーですか、それとも南の島にでもキャンプに行きましょうか(笑)

さて、冗談はさておき、昨日の日曜日も一段と寒かったですね。おそらく日の出時点の気温は名古屋市街地で0℃程度だったと思います。

121210b.jpg

そんな中、10℃対応のトップスと5℃対応のタイツと0℃対応のグローブで、日の出から1時間程走ってきたところ、身体は全然寒くなかったですが、手足の指先がきつかったです。

グローブはウインドブレーク仕様なのですが、特に親指の第一関節より先が冷たくなり過ぎて痺れました。信号待ちの度にマッサージです。第二関節より後ろは全然冷たくないので、指先だけ保温できるようなグッズがあれば即買いなのですが…、そんなものありませんよね(^ ^;)

「あんた、バカぁ?」と言われそうですが、まだシューズカバーを買ってません。両足指全てが冷たくなり過ぎて、つま先の感覚が半ば無くなりました。やっぱり気温が0℃まで下がると、それまでとは違いますね。今度、つま先用のカイロでも試してみようかな。

なぜ、一日で一番気温が下がる朝一番に走るのか?

それは、自分はヘタレなので風が吹いていると自転車に乗っていても楽しくないからです。もちろん、朝一番の方が車が少なくて快適に走れるという理由もありますが、この季節は、昼前から夕方にかけて強風が吹き荒れる日でも、日の出後の2〜3時間だけは無風のことが多いのです。

寒さは、身体がシャキッとして、意外に気持ち良いのですが、向かい風に吹かれると、自転車に乗っていても思考がマイナスのスパイラルに落ち込んでしまうのす。そんなわけで、朝一番に走っているのでした。

冬はつとめて…、ですな(笑)

やっぱりローラーだろっ!と思う方も、クリックして頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村

また、膝が痛むとです(泣)

皆さん、おはようございます。自転車に乗っている人のうち、膝が痛くならない人の割合はどの位なのでしょうか?痛くなる人は、多数派なのか、それとも少数派なのか、知ってもどうしようもないのですが、知りたいおじさんです(笑)

さて、膝の痛みに関しては、サドル高とクリート位置が大きく影響するらしく、Web上でも諸説・経験談が満ちあふれていますが、自分の場合、それ以前に、根本的に膝が弱いのではないかという気がしています。

なぜなら、自転車に乗らなくても、ほんの少し無理をするだけで右膝だけが重ダルくなるからです。例えば、自動車などに乗って、膝を曲げた状態が小一時間も続けば、もう違和感を感じるのです。

そんな情けない右膝なので、自転車に乗っているとき、不思議に快調なことも多いのですが、やっぱり時々は重ダルくなって、あるところでどうにもならなくなります。まあ、自分はヘタレなものですから、たいていは重ダルくなってきたところで、ポタリングペースに切り替えてしまい、これまでにどうにもならなくなったのは、過日、小里川ダムに行ったときだけですが…

最近、なんとか、この症状を解消できないものかと考えながら乗っているのですが、上手くいきません。というのも、そもそもどんなとき膝が痛くなるのかがよく分からないからです。

常識的には負荷がかかりすぎたときに痛くなるのでしょうが、昨日、いつもの朝練コースをいつものペースで走っていただけなのに、重ダルくなってしまいました。

寒さのせいでしょうかね?つま先は別として、脚も膝も、特に寒いとは感じなかったのですが…

ウォーミングアップ不足ですかね?確かに、自分、ウォーミングアップの仕方も知らないし、そもそも短気なので、起きて着替えると直ぐに走り出してしまうのですが、走るペース自体は遅いので、走っていることが皆さんのウォーミングアップに相当するだろうと考えているのですが…

おそらくは負荷と寒さの複合要因だと想像しているのですが…、何にしても、この膝では帰ってくることができなくなるのが怖くて、ロングには行けません。いつの日にか、こんな右膝でも人並みになるのか分かりませんが、とりあえず重ダルさが痛みに変わらないように気を付けながら、コツコツと乗り続けてみます。

おとなしくしてなさい、という意見もあるでしょうが、自分の場合、そんなことしてたらほとんど自転車に乗れません。今朝もこれからいろいろ考えて試しながら走ってきます。


下手の考え休むに似たり!と思った方も、クリックして頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村

PEARL IZUMIウィンドブレークサーモグローブは暖かいか?

皆さん、おはようございます。今年も残すところ、週末は後4回しかありません。年頭に掲げた目標は達成できそうですか。

さて、先日、報告したとおり、ようやく冬用のグローブを購入しました。パールイズミのウィンドブレークサーモグローブ。0℃対応です。メーカーの能書きによれば「中綿入り、指先の二重構造で抜群の保温性。高い操作性も両立。」だそうです。

121208a.jpg

しかし、店頭に並んでいるグローブは、どれも「ウインターグローブ」としか表記されていません。リアル店舗で購入する方は、カタログでデザインか、それとも商品番号を、例えばウィンドブレークサーモグローブの場合7218を、覚えていかないと、どれが自分の欲しい商品か分からなくなりますよ。

いよいよインプレに入ります。
先ずはさんざん悩まされたサイズですが、購入したものはS(21~22cm)です。自分はウェアのサイズは基本的にMですし、中指の長さが8.5cmですから、手も小さい方じゃないと思います。しかし、STIレバーを操作するとき、グローブの指先に余裕があると挟みやすいので、店頭でいろいろ試し、自分の指の長さとピッタリ同じ長さだったSサイズを選びましたが、指先に多少、余裕がある方が好きな人はSだと窮屈に感じるかもしれません。ただ、Mでも指の長さは、ほとんど同じでした。

121208b.jpg

次に握り易さです。冬用グローブということで、けっこう厚いものを想像していたのですが、かなり薄いです。どこに綿が入っているのか分からないくらい薄いです(笑)
従って、とても握りやすいのですが、こんなに薄くて耐寒性は大丈夫なのでしょうか?

ということで、早速、実走して耐寒性能を確かめてみましょう。

12月8日、朝6時45分の名古屋の天気は晴れで、気温は3℃といったところでしょう。いつもの八草コースを走ってきました。

121208f.jpg

室内で装着した感じでは握りやすかったですが、実際にブラケットを握ると、やはりブレーキレバーが遠く感じます。でも、冬用グローブでこの程度なら合格でしょう。懸念されていたSTIレバーに挟まることはありませんでした。

121208g.jpg

いよいよ耐寒性能です。スキー用のグローブと比べるとあまりにペラペラなので、ホントに0℃対応かと心配していたのですが、走り始めてしばらくは、指先は冷たくなりません。しかし、小一時間も走っていると、指先の、走っていてもろに風が当たるところですね、第一関節より先が冷たくなってきます。下りで50km/hr程で風を切って走っているときなど、少し痛い位冷たくなりましたよ。これで0℃対応を謳うのは一寸、厳しくないですか、パールイズミさん?

121208d.jpg

それでも8時を過ぎて太陽が高くなってきたら、指先の冷たさは次第に解消しました。このときの気温はおそらく5~6℃でしょう。

ということで、日の出から約2時間程走ってきましたが、個人的な感想としては耐寒性能は0℃表示でしたが、5℃レベルだと思いました。あるいは、グローブは、走っているときは、どうしても風に当たる指先は冷えてしまうから、自分みたいに指にピッタリのサイズではなく、気持ちゆとりのあるサイズを選べば、冷たくならないのかもしれません。
以上、素人の感想レベルのインプレですが、少しでもこれから購入を検討される方の参考になれば幸いです。


厳しい採点だね!と思った方も、クリックして頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村

グローブのサイズはイイカゲン?

皆さん、おはようございます。通販は便利ですけど、ウェアなどサイズに悩むときは、やっぱりリアル店舗ですね。

さて、さすがにもう冬用のグローブが欲しいです。ということで、昨日は仕事の合間に「Y's Road 名古屋店」に行って、はめて外してまたはめて、じっくり検討してきました。

自分は、操作が下手なのでしょうか、グローブの指先に遊びがあると、STIレバーを操作したときにレバーに挟まっちゃうのですね。そこで、できるだけ指にピタッと張り付くものを探していたところ、“イントロ”のグローブが、手術用の手袋か、っていう位、最高でした。しかし、いかにも薄くて寒そうなのです。これでは冬用グローブを揃えるという、当初の目的が達成できません。

そこで、いつものパールイズミから探してみます。ウェアと同様、5℃刻みになっていますが、手指先は体より冷たくなることは容易に想像できるので、ここは迷わず0℃対応製品から選びます。結論的には、暖かい店の中では違いは分かりませんでした(笑)

それより気になったのがサイズです。自分の場合、ウェアはMで良いのですがグローブはSTIレバーに挟まらないようにSの方が良いのかな?と思い、両方はめてみたところ、意外なことが分かったのです。

サイズ、関係ないやん(◎_◎;)

そうです。SでもMでも、指の太さは同じで、長さがちょっと違う位です。って、その長さもMの方がSより短いってどういうことやねん。もういいや、はめてしっくりくるのを買います。ということで、ウィンドブレーク サーモ グローブ のSにしました。使用レポートは週末を待て!(笑)


STIレバーに挟まるかっ?という方も、クリックして頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村

トピーク「PanoBike」は大食いだった!

皆さん、おはようございます。iPhoneのアプリにも無料ソフトが結構あり、確かに玉石混合(ほとんどは石ですが)ですが、良質な無料ソフトのおかげで、いい加減な性能の有料ソフトが駆逐されるのであれば、エンドユーザーにとってはありがたいことですね。

さて、自転車に乗り始めた頃は、どの道も初めて走るわけですから、走ったルートや走行データを記録したく、データロガーが欲しかったのですが、ウェアなど他にも買わなければいけないものが沢山あったので、ガーミンなどの本格的なデータロガーは買えませんでした。

そこで妥協案として浮上したのがiPhoneのアプリ「iTrail」です。GPSを受信し、平均速度や最高速度とともに走行軌跡を記録してくれるので、帰宅後、確認することができます。さらに、データ書き出しもできるので、走行軌跡をルートラボなどに表示させることもできます。ところが、「iTrail」には弱点がありました。消費電力が大きすぎるのです。半日ライドで使用したら、iPhoneのバッテリー残量がゼロとなり走行記録が取れなくなり、肝心のiPhone自体が電池切れになりました。これではダメです。緊急時のライフラインが使用不可になるようでは使えません。

その後、走行ルートを記録することはしなくなったのですが、先日、SHOROsのメンバーに先導されて関ヶ原を越えたのですが、名古屋から大垣に抜けるルートが全然覚えられなかったため、改めて「やっぱりデータロガーが欲しいな」と思ったのです。ルートを後から地図で教えてもらっても良いのですが、お手を煩わせることとなりますし、何より一人で走るとき、ルートが確認できるガジェットがあると便利ですよね。

そんな折り、CYCLE SPORTS 1月号で面白い記事が目にとまりました。トピークから登場したiPhoneアプリ「PanoBike」(無料)です。将来的にはガーミンやアトラスなどの本格的なデータロガーを買うにしても、このアプリの消費電力が小さければ、当面、使えるかな?と思ったのです。

早速、ダウンロードして使ってみました。

121204a.jpg

121204b.jpg

記録性能は良くできています。ただし、データ書き出しができないのがいまいちです。そして致命的なのは、消費電力が「iTrail」以上であることです。ということで、「PanoBike」の使用を考えている方へ。「実用的な連続使用時間は2時間です!それ以上、連続使用すると、肝心のiPhone自体が電池切れの憂き目にあいますよ」というのが本日の結論でした。


データロガーさっさと買いなさい!と思った方も、クリックして頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村

追記
後日、再度、「PanoBike」を約2時間稼働させたところ、購入して2年目のiPhone4で、バッテリー残量が100%から65%まで低下しました。2時間でバッテリーを1/3消費してしまうのでは、やはり、近所へのお出かけ程度でしか使えないかな。

仮想ライバル出現?

皆さん、おはようございます。今朝も名古屋は良い天気でしたが、昨日と比べて一段と寒い寒い。朝練で手足の指先が痺れたおじさんです。

さて、今朝も6:30、日の出少し前ですが、辺りが十分に明るくなってきたので出発です。快晴無風ですが、おそらく気温は1~2℃じゃないでしょうか。いつもの上2枚、下1枚では走っていないと身体全体が冷えていく感じです。とくに、顎の付け根と手の指先、そしてつま先が冷たいです。この時間帯に走るのであれば、そろそろ対策が必要ですね。

いつものとおり広小路通りから東山通りを東に向かいます。銀杏の葉も大分落ちてしまいましたね。しばらく前から路肩に落ちていた銀杏の実もいつの間にか無くなり、パンクの心配もしなくて済むようになりました。

121202a.jpg

う~ん。なぜかテンションが上がりません。走りながら理由を考えてみます。

理由その1
・寒いから。ある程度は当たっているかもしれません。さすがに、もう、冬用のグローブとシューズカバーは必要かな。

理由その2
・自動車が怖いから。これは最近、実感しています。広小路通りから東山通りにかけては無茶苦茶交通量が多いのですが、夏は5時~6時頃に走っていたので、まだ車も少なく、一番左の車線を走っている限り怖くなかったのですが、今は7時~8時頃に走るので、既に車が増えてきています。で、一番左の車線を走っていても、50cm脇を相当のスピードで追い越されるので、自転車に乗っていても緊張して楽しむ余裕がないです。

そんなこんなで、八草まで行く気力が出ず、杁ヶ池の交差点で矢田川方面にショートカットしました。今日は距離が短いので、せめてフォームやペダリングを考えながら乗ろうと矢田川の堤防上を走っていると河川敷のサイクリングロードを走っているロードバイクに気が付きました。

速いなぁ。自分は堤防上だから走りやすいので30km/hrをキープしていますが、河川敷のサイクリングロードはけっこうカーブしています。それでも、かのロードバイク、いつまでも自分の横にいます。堤防の上と下で2台のロードバイクが併走している形です。

こうなるとやっぱり張り合っちゃいますね。負けるものかと頑張ります。相手もこちらを意識しているような気がします。自分は交差点毎に止まるし、相手はカーブのきついところや歩行者がいると減速します。そのため、抜いたり抜かれたりで、結局、3km程も張り合って走り続けました。

最終的には自分は千代田橋を南に、相手は北にそれぞれ曲がって、言葉を交わすこともなく分かれたのですが、今朝(12/2)、7時半頃、矢田川のサイクリングロードを走っていた白いウインドブレーカーの方、おかげさまで、前半グダグダだった今朝の朝練も、後半、大いにテンションが上がりました。ありがとうございました。

ということで、この季節、テンションを上げるためには、色々、条件を揃えないと難しいな、というのが今日のまとめとなりました。


とにかく頑張りなさい!という方も、クリックして頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村

師走最初の朝練は雨の中(泣)

皆さん、おはようございます。いよいよ今日から師走ですが、先生じゃなくても走っている方も多いのではないでしょうか。

さて、自分も日の出を待って家を出発。
えっ!顔にポツポツと雨滴があたります。でも、週末限定ローディーとしてはできるなら走りたいですね。ということで、空は一応晴れているので出発。

星ヶ丘の坂を上りきった時点では雨の心配はなさそうでほっと一息。ウェアはいつもの上2枚の下1枚で特に寒くありません。というか、息がハァハァする程度に踏み込むと上は暑いです。いつものファスナー10cm下ろしで走ります。

121201a.jpg

モリコロパーク前の坂を上りきりました。再び顔にポツポツと雨滴があたります。また?どうやら雨雲に追いついてしまったようです。北東の空が暗いです。雨沢峠あたりは雨なのかなぁ、八草ルートだけで帰れば大丈夫だろう、と考えました。

121201b.jpg

ところが、この判断が大間違い。なんと、そこから1~2km先の八草の交差点から瀬戸に向かうルート155号は完全に雨の中でした。

121201c.jpg

ソフトシェルジャージは撥水性なので身体は平気ですが、ウインドブレークビブタイツは太ももの辺りがさすがにちょっと冷え冷えします。一番きつかったのが指先で、濡れたグローブ(冬用じゃない)で走るものだから冷たい冷たい。いや~、冬の雨は心が折れそうになりますね。

幸い、瀬戸川から矢田川沿いを走る復路では雨は止んでくれましたが、今度は向かい風です。しかし、グローブが乾いてくれて、先程まで指が冷たくて辛かったのが解消されました。濡れ方が少なかったからでしょう。

という感じでいつもの朝練だったのですが、想定外の雨中走行となりました。自転車洗わなくっちゃです。


備えよ常に!と思った方も、クリックして頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。