おじさんは今夜も憂鬱

ロードバイクを購入してしまった五十路過ぎのおじさんの悩み尽きない日々!

今さら英式バルブ?

この春から大学生となった長男は、家から近いこともあり自転車通学しています。最初は高校時代に乗っていたママチャリで通っていたのですが、いつの間にか自分の古いクロスバイクに乗っています。そのことは別にかまわないのですが、昨夕、一通のメールが…

「パンクした。直しといて」

141028a.jpg

「こらこらこら、パンクくらい自分で直せよ」と思ったものの、普通の人間にとって自転車のパンクは自分で直すものじゃないのだろうなと変に納得し、チューブでも買って帰ろうとY's Road に寄ったのですが、ここで悩みます。

英式バルブにするか、仏式バルブにするか?

自分が乗っていた時はロードバイクと同じチューブの方が便利なため、仏式バルブを使っていました。

141028c.jpg

しかし長男は、特段自転車乗りでもなく、自転車も普段の足として使っているので、仏式バルブだと、玄関においてある家族用のフロアポンプでは空気が入れられないことや、空気の抜けるのが早い(気がするだけ?)、といったデメリットがあります。

そこで、これを機に前後とも英式バルブに交換してやろうか、と考えたのですが、そもそも英式バルブと仏式バルブって、どう使い分けるのですか?
調べてみましょう。

英式バルブ
英式バルブのメリットは、なんと言っても普通の空気入れで扱えること。そして、一番多く出回っていますから補修も容易です。

仏式バルブ
仏式バルブのメリットは、高い空気圧に耐えることが出来、空気を入れた後も空気圧の微調整が可能なこと。そして、空気圧を測ることが可能です。

通学などの日常の足として使うのに空気圧の微調整なんてしないし、空気圧を測ることもありません。なんといっても英式バルブのチューブは、仏式バルブのチューブに対して圧倒的に安いのが魅力です。

ここまでは良いのですが、気になるのは「英式バルブは高い空気圧を入れることは出来ず…」と紹介されていることです。普段、歩道を走っているらしいので、リム打ちパンクを避けるためにもある程度は高い空気圧にしたいです。

以前、次男の自転車に空気を入れ過ぎて、タイヤの中で(英式バルブの)チューブを破裂させたトラウマがあるからなぁ…

心配は尽きませんが“案ずるより産むが易し”ということで、結局、英式バルブのチューブを買ってきました。

141028f.jpg

さて、交換できたので、どの程度までの空気圧にできるか試してみましょう。

141028d.jpg

タイヤ自体は、そこそこ高い空気圧にも耐えられるものを履いてます。
ん、結構、カチカチになりましたよ。感覚的には5~6barでしょうか。これなら十分でしょう。

141028e.jpg

しかし実際のところ、700Cの英式バルブのチューブって、どんな自転車に使うのでしょうか?
なんとなくモヤモヤしているおじさんでしたw



走りゃいいんだよ!というおおらかな人も、クリックして頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Edge 500 復活!!

約1ヶ月振りに、ようやく早朝ライドに行くことが出来ました。いつもどおり、夜明け少し前に家を出て八草コースを走ります。

141025a.jpg

しかし、夏に比べるとスタートが約1時間、遅くなったので、ちょうど八草IC交差点では通勤の自動車で、ちょっとした渋滞です。

141025b.jpg

これから真冬に向けて、さらに1時間程スタートが遅くなるのですよね。起きるのは楽になるけど、交通量は多くなるので事故には一層気を付けなければいけませんね。

---------------------------------------
さて、先日、走行中にハングしたEdge 500ですが、みなさんに頂いたアドバイスにしたがって、リセットした上で、スタートする前にしっかりと衛星を捕捉させたところ、正常に作動しました。

141025c.jpg

もちろん嬉しいのですが、これでEdge 1000Jを購入する理由が無くなってしまったわけで、ちょっと残念なような気もするのですが…www


しっかり貯金しておきなさい!という真面目な人も、クリックして頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

オールスポーツコミュニティーのデータダウンロード

ライドでは極力、写真を撮るようにしていますが、走行中の自分を含めた仲間を前方から撮影することは物理的に困難であり、こんな時にありがたいのが、スポーツ写真販売サイトのオールスポーツコミュニティーです。

141024a.jpg

このオールスポーツコミュニティーに、先日の「第10回 渥美半島グル輪サイクリング」の写真がアップされたのでチェックしていたのですが、我がSHOROsメンバーが写った写真もたくさんありましたよ。

で、いつもならブログに投稿するために「データCD」を購入していたのですがこれが高い。1カットで2,950円もするのですね。
ところが、今回、約1年ぶりに購入しようとしたら、「プリントとセットでお得にデータ購入!」というオプションを発見!

141024b.jpg

なんとプリントを注文すれば、298円追加するだけで、長辺が1,280pixelのサイズのデータをダウンロードできるのです。

141024c.jpg

ダウンロードしたデータはもちろんブログやSNSに使用することも認められます。

141024d.jpg

2L版プリントとセットで注文すれば、1,948円(=1,620+298)なので、データCDを購入するよりずっとお得です。

というわけで、早速購入しましたよ。

141024e.jpg
(C)allsports.jp

みんなと一緒に走っている写真だけは、オールスポーツコミュニティー頼みですが、今回は素敵な写真が手に入り、良い記念になりました。


相変わらずナルシスト?という人も、クリックして頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


Edge 500が死んだ???

日曜日の話です。
ぐる輪サイクリングも後半、みんなから千切れないように必死に走りますが、辛くなると、ついつい残りの距離が確認したくてEdge 500に目が向きます。

「70.7kmかぁ、あと20kmもあるのかぁ」

疲れてきたのでしょう。少し走っては、また見ます。

「まだ70.7kmかぁ、全然進んでないやんけ」

言葉遣いもおかしくなってきましたw

しばらく見るのを我慢して、さすがにもう80km近くにはなっているだろうと確認すると、そこには自分をあざ笑うかのような「Distance 70.7km」の表示が!!

「なんじゃこりゃあ」

よくよく見ると、速度も「Speed 20.2km/h」の表示から微動だにしていません???

こうなると何が起こっているのか気になります。
最初はスピードセンサーかマグネットの異常を疑っていたのですが、ケイデンスは正常に表示されています。心拍数や時刻も正常に表示されています。どうやら、速度と距離だけフリーズしてしまったようです。こんなこともあるのですねぇ。

帰宅して走行ログをGARMIN CONNECTにアップロードしたところ、走行距離が70.66km以降のデータがありません。どうやら、この時点でEdge 500に何かしらの異常が発生したようです。

141021a.jpg

その後、実走はしていませんが、表示を見る限り正常に作動しているようです。
webで調べると、「たまにフリーズする、ログが表示されない」といった意見も見受けられるので、今回はたまたま運が悪かっただけなのでしょうか?

しかし、ライド中に速度や距離が表示されないと、けっこうモチベーションが落ちますね。メンタル弱すぎですか?


Edge1000Jに買い替えたら?というセレブな人もクリックして頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


今年は快晴、ぐる輪サイクリング

渥美半島ぐる輪サイクリングです。
豪雨だった昨年とは打って変わり、今年は雲一つない快晴に恵まれました。
一緒に走ってくれるのは、チャップリンさん、会津さん、gottuさん、masaさん、デリちゃんの5人です。

141019a.jpg

発表によれば参加者は2,000名だそうです。
8:30にスタートしたのですが、我々がゲートをくぐるまでに10分程もかかりました。

141019b.jpg

いよいよ走り始めます。
昨年は見ることのできなかった青い空と海。風もなく、最高のライドになりそうです。

141019c.jpg

右手に見えるのが蔵王山。
昨年は安全のためカットされたのですが、今年はもちろん登りますよ。

141019d.jpg

登坂開始です。道路脇には10%の標識が立っています。
とてもじゃないけど写真を撮る余裕はありません。既に一緒の5人の背中は見えません。
いつものようにカメさんペースで、足着きしないことだけを目標に上りますw

141019e.jpg

やっと山頂にたどり着きました。
ちょっと霞んでいましたが、南に太平洋、北に三河湾と最高の眺めが広がっています。

141019f.jpg

これで今日の上りはお終いとCPのスタンプを押してもらって一気に下ったのですが、しばらくすると、再び上りの始まりです。
そういえば、ちょこっと変な峠があったなぁ、と上り始めたのですが、これがきつい。斜度的には蔵王山よりきつかったかな。
それでも距離が短いので何とかクリアすれば、残り70kmは基本的にフラットな渥美半島の旅です。

目の前に太平洋が見えてきました。

141019g.jpg

昨年はほとんど修行、苦行の世界だった海沿いのサイクリングロードも、今年は走っていても開放的な気持ちになれました。

141019h.jpg

さて、赤羽根を通り過ぎしばらくすると、一旦、海縁を離れR42を走るのですが、ここで我々の集団を軽やかに抜いていく女性ローディー。噂に名高い「茶臼山女子部」のオネエサンです。

チャップリンさんに火が付きました。
オネエサンに追いつこうと、いきなりペースアップ。他のメンバーもカッ飛んでいきます。自分はとてもじゃないけど付いていけません。

コースは再び海縁のサイクリングロードに戻ります。
サイクリングロードの終点で待っていてくれたみんなと合流し、伊良湖ビューホテルの裾野をぐるっと回り込めば、「恋路ヶ浜」を見下ろすビューポイントに到着です。

141019i.jpg

「♪名も知らぬ 遠き島より流れよる 椰子の実ひとつ♪」

なぁんて風情とは縁のないメンバーは、コース脇で席の空いている協賛店を見つけ、そそくさと昼食です。
ケンさん事件で一躍有名となった「カキフライ」定食を食べさせようと、お互いに勧めあったのですが、結局は地元の魚介類を味わおうと「刺身定食」に落ち着きました。
今回のイベント参加者は地元の協賛店で食事すれば100円引きになるのです。田原町、地域起こしを頑張ってますね。

141019j.jpg

お腹もふくれてまったり走るのかと思いきや、再び、みなさんカッ飛んでいきます。

141019k.jpg

自分は、あっと言う間に千切れたのですが、しばらく行くと道路脇に佇むチャップリンさんが。本日のパンク第一号です。

141023a.jpg

この後、チャップリンさんとデリちゃんと3人で、先に行った3人を追いかけます。
チャップリンさんが自分のついて行けるギリギリのスピードで牽いてくれ、次々と他の集団をパスしていきます。
「もう休憩したいよぉ~」と思う反面、自分が速くなったと勘違いできる、苦しくも実に楽しいひとときでした。

が、好事魔多し。今度はデリちゃんがパンクです。
先ほどまで、抜いてきた他の集団に次々と抜き返されます。残念なような、休憩できて嬉しいようなw

141023b.jpg

はい、宇津江エイドステーションです。ここまで来ればゴールまであと残り7km。
ていうか、なんでこんなゴール間際にエイドステーションが???
まあ、それはおいといて先行していた3人とで合流し、メロンを頂きます。
ここではメロン食べ放題。さすが渥美半島?

141019n.jpg

空は青いし海は穏やかです。
今日という日に仲間と一緒にライドが楽しめたことを感謝です。

141019o.jpg

15:15、全員、無事にゴールです。

141019p.jpg

去年、ここ渥美半島に忘れた何かを取り戻せたような気持ちのする「第10回 渥美半島ぐる輪サイクリング」でした。
一緒に走ってくれたみなさん、ありがとうございました。

141019q.jpg



俺が参加しないと“快晴”か?と不満な方も、クリックして頂けたら嬉しいですw


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村