おじさんは今夜も憂鬱

ロードバイクを購入してしまった五十路過ぎのおじさんの悩み尽きない日々!

スポンサーサイト

Posted by ayu

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強度近視者用アイウエア自作記

皆さんこんにちは。強風の中、いかがお過ごしでしょうか。

自分は、今日、愛車DUEを退院させ、週末は希望に満ちた日々となるはずだったのですが、昨夜、自転車屋から「注文されていた部品が一部、納品されなかったのでお渡しが遅れます。また連絡します。」と非情の電話があり、失意の週末に暗転したのでした。

ということで、本日は先日予告しておりました、強度近視者のためのアイウエアを自作してみました。初めての方のために少しだけ解説しますと、自転車用のアイウエアも最近は手頃な値段で近視用のものができるようになってきましたが、自分のように度数12というような、通常の眼鏡を作る場合でも「これ以上強いはレンズありませんよ」というレベルの強度近視者に合うアイウエアは作って貰えません。

この理由は、強度近視用のレンズは周辺部が極端に厚くなるので、アイウエアに使用できるほど大きなレンズが存在しないことと、アイウエアのレンズは大きくカーブしているため、強度の近視用の屈折率の高いレンズでは広範囲をクリアに見ることができるように調整できないためだと思われます。

そこで、通常の眼鏡をアイウエアの内側に貼り付けてしまおうという無謀な試みに挑戦することとしたのです。

まず、使用するアイウエアは内側が見えないようにミラータイプの、また内側に眼鏡を貼り付けるため大きめのものを選びます。
最初の作業工程は、内側に貼り付ける普通の眼鏡(予備用のものです)のブリッジをドライヤーで熱してアイウエアのカーブに合わせます。

120512a.jpg

次にこの眼鏡のテンプルを外します。

120512b.jpg

今度はアイウエアの智(リムとテンプルの間)に眼鏡を貼り付ける孔をあけます。

120512c.jpg

最後に、眼鏡をアイウエアの内側にステンレス線でくくりつけます。

120512d.jpg

かけた様子を外から見てみましょう。おじさん初登場(笑)。内側の残念な様子は全然分かりません。

120512e.jpg

使用した感じは、少しですが光軸等がズレているため、いまいちクリア感に欠けました。色々試行錯誤したのですが、結局、普通に眼鏡をかけてその上からオーバーグラスをかけた方が良いという結論に達しました。ということで骨折れ損のくたびれもうけに終わった週末でした。


ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

オーバー50 says... ""
なるほど、そういう訳ありでしたか。失礼しました。度付きレンズ一体型サングラスを知らないのかと思ってよけいなコメント
でしたね。うまくいくこと期待します。
2012.11.23 21:36 | URL | #- [edit]
ayu says... "Re: オーバー50様"
こんばんは~
アイウェアに関しては、最終的にはコンタクト+普通のアイウェアに落ち着きましたよ。
コンタクトは最初、風で飛ぶ、ズレるなどの影響を心配しましたが、ソフトコンタクトを使用することと、風の巻き込みが少ないアイウェアを使用することで、使用し始めた7月から11月までの5ヶ月間においては、問題は生じていません。
2012.11.23 23:23 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ayustat04.blog.fc2.com/tb.php/20-23fab657
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。