FC2ブログ

おじさんは今夜も憂鬱

ロードバイクを購入してしまった還暦過ぎたおじさんの悩み尽きない日々!

使えるぞ!Edge 500のコース案内

Posted by ayu on   12  0

皆さん、おはようございます。8月になると夏休みの残り日数を数えてはため息をついていた、ペシミストな小学生だったおじさんです(笑)

さて、地図表示ができないGARMIN Edge500でもコース図を表示させて“簡易ナビ”として使えることは、知ってる人も多いでしょう。自分も、皆さんのブログなどで読んで、これは面白そうだと思っていました。でも、実際の使い勝手は試してみなければ分かりません。そうと決まれば早速、知らない道を走って試してみましょう。

先ず、GARMIN Connectの“コース作成機能”で、「自宅>モリコロパーク>瀬戸>雨沢峠>柿野>戸越峠>瀬戸>自宅」という8の字コースを作成して、“デバイスへの送信”でEdge 500に記憶させます。

走り始める前に、コース案内機能を開始させましょう。
MENU > TARINING > COURSES と選んで、記憶させておいたコースを選択します。
読み込むのにしばらく時間がかかります。1〜2分、待ったかな。
読み込まれるのを待って、DO COURSEを選べば、コース案内が開始されます。

130806a.jpg

(ここでカメラのバッテリーが切れたので、以後、写真がありません)

PAGEを押せば、通常の画面に切り替わります。今回のコースの中で走ったことがないのは、雨沢峠>柿野>戸越峠なので、雨沢峠の頂上でコース案内画面に切り替えます。

さあ、試走開始しましょう。少し走ったらいきなり警告です。

「OFF COURSE!」

警告が出るとともに、太線で表示されたコースから自分が走っている細線が離れていきます。R363から右折するべき地点を直進したようです。

その後、県道112号 > 352号は道なりなので、せっかくのコース案内も出番がありませんでしたが、北曽木町内でまたまた「OFF COURSE!」の警告です。太線で表示されたコースから自分が走っている細線が離れていきます。

県道353号に右折するところを直進してしまったのですね。

結論。
Edge 500のコース案内機能は使えます。反応も良いです。
広い道路などで、コースを外していないのにもかかわらず、「OFF COURSE!」の警告が出ることも多々ありますが、これは愛嬌だと笑って許してあげましょう。
ほんとに曲がるべき箇所を間違えたときは、太線で表示されたコースから自分が走っている細線が離れていくので区別できるし、直ぐに気がつきます。
また、個人的には通常の走行ログの記録やLAP計測と平行して稼働させることができるのが便利でした。

最後に、欠点を一つ。今回、GARMIN Connectの“コース作成機能”で作成したデータを入れたのですが、標高データが入らないのか、断面図(高低差)表示画面は全行程でフラットに表示されていました。これを見るのを楽しみにしていたので、必死で上っている雨沢峠が真っ平らに表示されているのを見たときにはムカッとしたのは内緒です(笑)

標高データ付きのコースデータを入れるには、ルートラボなどで作成して読み込ませなければいけないのでしょうか?教えてプリーズ。


事前の準備が面倒臭いんだよな!という人も、クリックして頂ければ嬉しいです。


にほんブログ村

スポンサーサイト



ayu

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

12 Comments

船乗り says...""
私は800Jなので全く同じがどうかはわかりませんが、ルートラボにて作成したコースは高低差がでます。
ご参考までに。
2013.08.06 07:59 | URL | #K2Rmj1sE [edit]
riki says...""
ぼくは,ルートラボで作ったデータを tcx ファイルで保存して,それをトレーニングセンターに読み込み,トレーニングセンターからガーミンに転送しています。きちんと高度表示が出ます。
2013.08.06 08:54 | URL | #KLtzAfy. [edit]
まっさん says...""
こんにちは。

皆さんが書かれているようにルートラボが良いですね。Connectはコース作成遅くないですか?

ロング走る時は、それに加えてポイントを付け加えると、途中の目的地までの距離だったり、山や峠の頂上までの残り距離が分かってモチベーションアップに繋がります。
※手前味噌ですがhttp://massan.way-nifty.com/blog/2012/04/400garmin-3002.html

ちなみにこの機能凄く使えるんですけど、コースから外れた後、復帰する時に、どこがコースか分からなくなりませんか?オフコース気づくの遅れたら結構面倒^^;。

ではヽ(´▽`)/
2013.08.06 10:28 | URL | #- [edit]
ayu says..."Re: 船乗り様"
そうですか。やっぱりルートラボで作成しないとですか・・・、面倒臭そうで躊躇してたんですよね(^_^;)
追伸 先日はありがとうございました。おかげでアップロードできるようになりました。
2013.08.06 12:28 | URL | #- [edit]
ayu says..."Re: riki様"
やっぱりトレーニングセンター使わないといけないみたいですね。TCX変換とか面倒臭そうだなとconnectで作成したのですが・・・
今度、トライしてみますね。
2013.08.06 12:30 | URL | #- [edit]
ayu says..."Re: まっさん様"
そうです。connectの動作はレスポンスが悪くてイライラします(笑)
まっさんさんの記事を参考に、ポイント入りのコースを作ってみますね。
ところでコース復帰、難しいですか。確かに、画面、真っ白になりそうだし。これも、一度、試してみましょうかね。
いろいろな情報、ありがとうございました。
2013.08.06 12:32 | URL | #- [edit]
shigarakiyaki says...""
朝一で御殿場に行っていたので回答が遅れたぜ。
でも、みんなが応えているので補足だぜ。アミーゴ!

connectは機嫌がいいと100km位なら高度を表示してくれるぜ。アミーゴ。
後はアミーゴの機嫌しだいだせ。アミーゴ!・・・えっ、鬱陶しいって。すみませんm(__)m

connectの便利なとこ・不便なとこ
便利
・ルート作成の際、山間部等は縮尺が細かいところまで表示出来る。
 大滝村役場あたりを見比べてください。
・ルートの編集が簡単。任意の位置にポイント作成できる。
・400kmまではルート作成できる。但し非常に重いので100-150km位までが妥当
・反転・往復・機能がある。
 反転は目的地から追えるので便利 往復は片道だけ作成すればいいので便利。
・スピード・ペース・時間欄に数字を入れれば自動計算してくれる
 10kph(km/h)と入れるとペース・時間が表示される。ペースのときも同じ。
 ブルベ換算15kphで考えると所要時間がわかるので便利。
不便
・作成データがエクスポートできない。インポートも出来ない。
・車線の多いところはルートがガタガタになる。側道をとるときがあるので注意。
・コース名をつけると入力変換をすると勝手に保存終了する。

思いついた分だけですが練習用とかブルベ用とかはコネクト・公開用はLABといった感じで使い分けしています。
2013.08.06 15:44 | URL | #- [edit]
ayu says..."Re: shigarakiyaki様"
ほんとにshigarakiyakiさん?
なんかイメージが違うんですけど(笑)
それはさておき、connectの標高表示が"機嫌"次第というのは、なんだかなぁ〜、ですね。いろんなソフトを使わないで済むのは便利なのですけどねぇ(^_^;)
まあ、次はトレーニングセンター使って、比べてみます。
詳しい解説ありがとうございました。アミーゴ!(笑)
2013.08.06 19:42 | URL | #- [edit]
たかじん says...""
Edge500のコース機能で僕が注意しているのは、「交差するコースは設定しない」ということです。
画面上に十字の黒線が出てきちゃいますので、知らない道だと右か左か真っ直ぐか悩んじゃうんですよね(汗)
そしてかなりの高確率で僕は間違えるんです(泣) 間違えること間違いなし!!

2013.08.07 16:50 | URL | #- [edit]
ayu says..."Re: たかじん様"
なるほどです。今回、自分が作ったコースの十字路は、良く知った交差点だったので問題なかったですが、知らない道なら確かに間違いそうですね。これは盲点でした。メモメモ(^_^)v
2013.08.07 18:29 | URL | #- [edit]
come-on says..."コースポイントでナビ化"
遅レス、長レスすいません。
初めまして。名古屋出身のアラフィフローディーです。
お盆で実家に帰り、この記事を見つけ、つい書き込んでしまいました。
エッジ500のコース機能には中間ポイントを表示出来ます。
線図表示中に、曲がり角の右左折や、峠の頂上、補給ポイントなどが表示され、その地点になると、音と画面で知らせてくれます。特に峠の頂上までの距離表示は、超役立ちます。
具体的には記事中の写真では、エッジに旗のアイコンでエンドまでの距離と時間が出ていますが、エンド以外のポイントを追加できるということです。
ポイントの追加はガーミンTCで行い、コースメニューの旗アイコンを使い作成します。

ただし、ヴァージョン2.80までの機能であり、エッジ800が出てからのVer.3.0ではこの便利な機能は削除されました。現在の最新はVer.3.3ですが、バージョンは何度でも変更できるので一度試してはいかがでしょうか。
方法はネットで調べました。変更は自己責任でおねがいしますが、私でも入れ替えられたので、ayuさんなら大丈夫でしょう。
これを使えば、エッジがナビ化できるので、私にとってブルベの必須アイテムになっています。
2013.08.16 13:26 | URL | #- [edit]
ayu says..."Re: come-on様"
はじめまして。
これは有用な情報を詳細にありがとうございます。
確かに、ポイントポイントまでの残距離や指示が表示されれば、非常に使える機能であることは間違いありませんね。実は、WEBなどで「曲がり角の右左折や、峠の頂上、補給ポイントなど」の表示機能があとの説明記事を見かけるのですが、良く分かりませんでした。まさかver.280までの機能とは思いもしませんでした。
しかし、バージョンアップして機能ダウンするなんて、考えられませんね(笑)
5画面になったこととトレードオフなのでしょうか?
コメントありがとうございました。
2013.08.16 16:45 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ayustat04.blog.fc2.com/tb.php/302-aab4a367
該当の記事は見つかりませんでした。