FC2ブログ

おじさんは今夜も憂鬱

ロードバイクを購入してしまった還暦過ぎたおじさんの悩み尽きない日々!

あなたはなぜ山に登るのですか

Posted by ayu on   6  0

皆さん、おはようございます。梅雨入りしたのだから当たり前とは言えパッとしない天気が続きますね。今度の週末は自転車に乗れるのでしょうか。

さて、自転車乗りには坂道を登ると自然と顔が笑ってしまう(ほんとか?)クライマーという人種が大勢いるとのことですが、何が彼らを駆り立てるのでしょうか?

エベレストに挑みエベレストで死んだジョージ・マロリーは「なぜ山に登るのか」の問いに「そこに山があるから(Because,it is there)」と答えたそうです。

やっぱり達成感を味わえるからですかね。今日は何百km走ったというのも素敵ですが、自転車で○○山を越えてきたというのは、自転車を乗らない人に対しても分かり易い話ですしね。また、登りは自分を追い込み易く、体力の限界まで振り絞るような走りができたなら自分を褒めたくなりますからねぇ。うん、分かる分かる。

登り坂なんて大嫌いな(きっぱり)おじさんでも、たま〜に山に登りたくなるときがあります。自転車の漫画やビデオを見たりしてイメージだけが先行したとき、たまたま気力が充実してて体調が良いと「よし、明日は○○山にチャレンジだ」なんて思っちゃうのです。アホですね〜。

ところが、実際に坂を上り始めると脳内で描いていたイメージは崩れ落ち、残酷な現実が斜度となって目の前に立ちふさがります。インナーローでもクランクはクルクル回らず、自転車はほとんど前に進みません。時速は一桁と、走りながら立ちゴケするんじゃないか?という速度です。

後はもう泣きたい気持ちをこらえて「ここで止めたらここまでの頑張りがパーになる」という、ほとんど損得勘定だけでピークを目指します。そんなだったら最初から止めときゃ良かったのに。どう考えてもアホですね。

120610e.jpg

自分が、たま〜に山に行くのは達成感を得る他にもう一つ理由があることに先日気付きました。雨沢峠の帰り道になぜだか無性に嬉しくて嬉しくてしょうがないのです。始めは自分でも何が嬉しいのか分かりませんでしたが、つらつら考えてみると、単純に「もう、登らなくても良いんだ」ということが嬉しかったのですね。この嬉しさを味わいたくて山に登っていたのでした。ここまでくると完全にアホですね。

平地を走るだけじゃダメですか?

ランキングに参加しています。クリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



ayu

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

6 Comments

たくま says...""
自転車でどこまでも遠く高く・・
そんな言葉に憧れて行っても現実に戻るのは直ぐですが、自然の風景に癒されてまた出かけるんです〜よ(^ー^)ノ
2012.06.12 07:39 | URL | #- [edit]
まっさん says..."こんにちは"
やはり達成感かな?自転車で山を登った、ここまでこれた。これがロードの醍醐味では?と私は思います。

で、次に来るのが、普通の人の感覚ではありえないことにチャレンジする事。富士山や乗鞍を自転車で登った、とか、何百キト走ったとか。

達成するまでの時間は個々人によって差があるとしても、自分の中で徐々に一歩一歩達成していく充実感を噛みしめながらペダルを漕ぐ。これが楽しいですね。

ではヽ(´▽`)/
2012.06.12 10:55 | URL | #- [edit]
もりさわ says..."自然と。"
こんばんわ。

山に上るのは、何でしょうね~。

ロードバイクが走りやすい環境は郊外。
だから自然と山に足が向くような気がします。

達成感もありますし、お昼ご飯の前の腹すかせの意味もあるかな~(笑)

緑を見て癒され。
川や湖の水に癒され。

やっぱり山に行ってしまうかな~(爆)
2012.06.12 19:03 | URL | #NInXE7x. [edit]
ayu says..."Re: たくま様"
こんばんわ。
そうですね〜、東三河は鳳来山や茶臼山や美しい自然が一杯ですよね。脚を強化していつか走りに行きたいです。
2012.06.12 20:16 | URL | #- [edit]
ayu says..."Re: まっさん様"
こんばんわ〜
> で、次に来るのが、普通の人の感覚ではありえないことにチャレンジする事。
そうですね。それがありましたね。
自転車に乗らない人の驚く顔が見たいという、ささやかな優越感。
でも、まっさん様みたいに600kmに挑戦してるならともかく、自分レベルでは子供達にも、「ふ〜ん」の一言で話は終わってしまいます(T . T)

これからもよろしくお願いします。
2012.06.12 20:32 | URL | #- [edit]
ayu says..."Re: もりさわ様"
こんばんわ。
確かにそうですね。上っているときに、日本昔ばなしに出てくるような山あいの風景が現れたり、鶯の鳴き声なんか聞こえると、苦しいなか思わず癒されますよね。
これからもよろしくお願いします。
2012.06.12 20:48 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ayustat04.blog.fc2.com/tb.php/44-2124d7dc
該当の記事は見つかりませんでした。