おじさんは今夜も憂鬱

ロードバイクを購入してしまった五十路過ぎのおじさんの悩み尽きない日々!

スポンサーサイト

Posted by ayu

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“足をためる”ということ

皆さん、おはようございます。今日は、春日井げんき倶楽部のイベント「ツール・ド・春日井(周辺)」に参加させて頂きます。この模様は後日報告しますが、集合まで少し時間があるので、今日は“足をためる”ということについて昨日の体験をメモしてみます。

・・・

自転車の世界では、“足が売り切れる”とか“足をためる”って言いますよね。この“足が売り切れる”はよく分かります。坂道を上った後、もう、全然、足がいうことをきかなくて、いつもより2枚も3枚も軽いギアにしないと走れない状態ですよね。先日、猿投山に登った後、この状態になりました。

で、もう一方の“足を貯める”、これが今まで実感できなかったんですね。要は“足を疲労させない”走りをするとか、走りながら“足を回復させる”ということなんでしょうが、自分はこの歳になるまでまともにスポーツをしたことがなかったのでこの感覚が分からなかったのです。正直「貯金じゃあるまいし、ためたり引き出したりできるモノなのか?」と思っていました。

昨日、八草コースの朝練は2週間ぶりだったこととクリート位置を調整しながらだったことで、いつもよりゆっくり目で走っていたのですが、モリコロパーク前の坂に差し掛かったとき、前方に自分よりペースの遅そうなローディーを発見したのです。

このローディーはおそらくロングライドの途中であり、あえてペースを落としていただけでしょう。それでも1年以上このコースを走っていて、初めてこの登り坂で他人を抜けるかもっ!と思ってしまい、気がついたときには、いつもより重いギアでいつもよりクルクル回していました。

坂の半ばで追いつき、「おはようございま~す」とさりげなく挨拶しつつ抜かしたのですが、そこから先は「これで後半、追い抜き返されたら相当恥ずかしいぞ」と、ほとんどひとり勝手にヒルクライム状態です。結局、豊田市境までいつもより快調に登り切ることができました。
なぜ、昨日はいつもより快調に上れたのでしょうか?

仮想の競争相手があったのでいつもより快調に上れたのかな?とも思えますが、おそらくは、今日はここまでゆっくり目で走ってきたため、このモリコロパーク前の坂を快調に上れたのだと思います。

これが“足をためる”ということなんだ、と納得できた瞬間でした。ほんとに貯金みたいなモノなんですね。うん、自転車はなかなか面白い。


ランキングに参加しています。クリックして頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

モリゾー says... ""
ayuさん、ご自分で気づいてないかもしれないな~・・・どんどん速くなってきていることに。

ワタシはわかってますよ!いつもストップウォッチ持参してますから(これは嘘)。
2012.07.29 15:04 | URL | #- [edit]
ayu says... "Re: モリゾー様"
いやいやいや。それはありませんよ。自分の平均速度、その日その日のやる気と体調で乱高下していますから(笑)
2012.07.29 19:30 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ayustat04.blog.fc2.com/tb.php/73-03b0ff70
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。