おじさんは今夜も憂鬱

ロードバイクを購入してしまった五十路過ぎのおじさんの悩み尽きない日々!

スポンサーサイト

Posted by ayu

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

へんなことしたら痛くなった

皆さん、おはようございます。

さて、自分はフラットもそうですが坂道になるとてきめんに遅くなり、一緒に走って頂いている皆さんを待たせてしまうので少しでも早くなりたいなと、土曜日の朝練で坂を上るときに色々へんなことをしてみたのです。

へんなことというのは、先日のKTMさんの「(第2回)灼熱の登坂教室(専務道場)」で紹 介されていた、「急斜面では、サドルの前に座り、できるだけ自分の脚の重みで登ります。引き足も忘れずに。緩斜面ではサドルの後ろに座り、踏んでゆきます。」を思い出し、自己流ですが実践してみたのです。

具体的には、勾配のきつい坂ではサドルの前の方に、ほんの少し体を浮かし気味に座り、例えてみればサドルに座りながらダンシングするように、勾配の緩い坂ではサドルの後ろの方にどっかりと座り、気持ちとしてはリカンベントに乗っているかのように漕いでみました。 

この結果、モリコロパーク前と宝ヶ丘の坂を、この前方に蹴り出すような漕ぎ方で上ったところ、速さは変わらなかったと思いますが、これまでで一番楽に上れたのです。

そんなこんなで土曜日は気持ちよく朝練を終えたのですが、日曜日、どうもおかしいのです。足が重いのです。それでもこんな日もあるさと、土曜日と同じように上ったところ、右大腿部の付け根の外側がほんの少しだけど痛むのです。

これは、この上り方のせいだな、と思い、その後はいつも通りの走り方に戻しました。単なる筋肉痛でしょうか?それともコーチのお言葉を又聞きで訳も分からず自己流で試したバチが当たったのでしょうか?。


初心者の素人がむやみなことはするものじゃないっ!と思われた方もクリックしていただければ嬉しいです。 


にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

KTM says... ""
お疲れさまです!
なんか私の素人クライマー記事で誠にスミマセン!(笑)
おそらくこれまであまり使わない筋肉や筋を使ったからなんでしょうかね?
坂を上っている時、同じ姿勢だと酷使する筋肉が一部になり疲れてしまいます。
なのでポジションを変更しながら使う筋肉を変え、休ませる筋肉と使う筋肉を上手に入れ替えるといいと言われました。詳しいことはsennmuさんにお願いしましょう!(笑)
2012.08.20 07:51 | URL | #- [edit]
sennmu says... ""
こんにちは、少し説明をして見ます。
>勾配の緩い坂ではサドルの後ろの方にどっかりと座り、気持ちとしてはリカンベントに乗っているかのように漕いでみました

これは、ほぼ正解です、「ペダルに入力できる範囲をクランクが12時過ぎ時点から4時時点までと広範囲に広げる。」と言う理論です。

>勾配のきつい坂ではサドルの前の方に、ほんの少し体を浮かし気味に座り、例えてみればサドルに座りながらダンシングするように・・・

これは理解不足です。身体を浮かし気味にしてはいけません、あくまでもシッティングの基本を守ります、同じ筋肉(大臀筋・大腿二頭筋など)を効率よく使用することに重点を置き、さらに自分自身の大腿部の重量をもペダルに加えると言う感覚で踏み込みポジションにする為にサドル前方へ乗る。
よくツールなどでの個人タイムトライアル時のポジションと考えてもらえばわかり易いと思います。この時の引き足とは、自分自身の大腿部の重量が負担とならない程度+アルファの引き足でokです。
さらに細かい点は、お会い出来た時に説明をいたしたいとおもます。
2012.08.20 12:54 | URL | #- [edit]
ayu says... "Re: KTM様"
こんにちは
自転車の乗り方一つにしてもいろいろな理論がある様で、先ずは浅くても良いから広く知りたいとき、KTMさんのをはじめとして、皆さんのブログはとても参考になります。
いろいろな意見を聴いて、試して自分なりに納得できる乗り方を見つけたいです。
これからも、専務道場師範代KTMさんのブログ学校(笑)、楽しみに期待してます。
2012.08.20 17:40 | URL | #- [edit]
ayu says... "Re: sennmu様"
こんにちは。
分かり易く丁寧な説明、ありがとうございます。
勾配のきついところでTT風のポジションですか。思いもよりませんでした。
直接お目にかかり教えて頂けることを楽しみに期待しています。
これからもよろしくご指導下さい。
2012.08.20 17:52 | URL | #- [edit]
sennmu says... "補足です"
TT風のポジションとは上体ではなくサドル上の位置のことです、説明不足ですいません m(vv)m
上り坂であんなに上体を寝かすと呼吸が追いつかなくなり・・違う世界へ昇ってしまうかも (^-^)/
2012.08.20 18:32 | URL | #- [edit]
ayu says... "Re: sennmu様"
重ね重ね丁寧な説明、痛み入ります。
早速、週末に試してみたいと思います。
ありがとうございました。
2012.08.20 18:39 | URL | #- [edit]
Toymeena says... ""
こんばんは。
先日雨沢を登った後、いつもとは違う太ももの筋肉痛になりました。いつもと違う筋肉を使ったからでしょうね。私たちのような未熟なホビーライダーは、一部の筋肉しか使ってないのでしょう。足だけでなく、体全体を使うことが重要だと雑誌とかにも書いてありますが、そううまくはいきませんよね。
2012.08.20 22:27 | URL | #- [edit]
ayu says... "Re: Toymeena様"
こんばんは〜
おっしゃるとおりで、あの筋肉使え、この筋肉を意識しろ、と言われても何が何だか、どうしたら使えるのか良く分からないと言うのがホントのところです。
そこで、抽象的でなく具体的な乗り方を見聞きすると、いろいろ試していますが、正直、それ以前の基礎体力の問題だろうなと薄々気付いてはいるんですがね(笑)
早く人並みになりた〜い。
2012.08.20 22:52 | URL | #- [edit]
モリゾー says... "痛み"
「一番楽に上れた」のであればより正しい身体の使い方をしたのだと思います。

詳細はsennmuさんに聞いてください(そのときは僕も混ぜてくださ~い!)。

ワタシが言えることは、今までと違うことをしたら何がしかの反応はあってしかるべきです。そして、その反応は長い目で見れば良い反応です。

なぜなら、正しい身体の使い方をして(=一番楽に上れた)、普段使っていない筋肉を使った結果、一時的にダメージを受けているだけだと思えるからです。大切なことは、使ったらそれに見合うケアをしておげることです。

なのでケア不足なだけで使い方は間違ってなかったと思います。どんどん試して一番良い走り方を見つけていってほしいです。そして、それに見合うケアを怠りなくしていっていただければよいのではないでしょうか(生意気言ってすみません)。

自転車も正しい使い方をしていてもメンテナンスが必要なようにお身体もメンテが必要ですよね。

いつでも何でも聞いてください(身体限定!)。多分お役にたてると思います。ただし、自転車のメンテナンスは不得手ですが(笑)。




2012.08.20 23:36 | URL | #- [edit]
ayu says... "Re: モリゾー様"
おはようございます。
返信遅くなって済みませんでした。
運動後のセルフケア、今一番知りたいことです。今度、是非教えて下さい。
2012.08.21 07:04 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ayustat04.blog.fc2.com/tb.php/86-b3f88c0e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。